Chromeでも新規タブを開いた際に空白ページにしたいぜ!って時のためのEmpty New Tab Page - 適宜覚書-Fragments

Chromeでも新規タブを開いた際に空白ページにしたいぜ!って時のためのEmpty New Tab Page

   

起動時表示設定

IEでもFirefoxでも起動時や新規タブの表示の際、空白ページにするというオプションがあります。さて、我らがGoogle Chromeはどうかというと、実はそういう選択肢がありません。確認してみましょう。

Chromeで空白ページは既定では設定出来ない

レンチマークメニューから「オプション」を選択します。オプションの基本設定の中に、起動時のページが3つ選択できます。

起動時表示設定

起動時表示設定

  1. ホームページを開く
  2. 前回表示されていたページを復元する
  3. 次のページを開く

最初のホームページとは、更にその下で指定出来ます。

ホームページ設定

ホームページ設定

  1. 新しいタブの画面を表示する
  2. アドレス

色々と選択は出来るのですが、結論は変わりません。Chromeの既定の設定には空白ページを表示させる選択肢は無いのです。すごく地味でどうでも良いことかもしれませんが、スタートページを空白ページにしたい人もいます。そういう人にとっては残念無念な訳です。

無理矢理やるとすれば、空白ページをどこかしらにアップロードしてホームページ指定するか、ローカルに置いた空白ページを読み込ませるということになります。記事を書いてから気付きましたが、About:Blankが利用出来るのだから、ホームページをアドレス指定でAbout:Blankにしたら起動時の空白ページは以下の拡張は不要ですねorz。新規タブで空白ページ指定をするにはAbout:Blankでは駄目ですが…。

ここでは、表記にあるEmpty New Tab Page拡張を使って少し楽に空白ページを使えるようにしましょう。

Empty New Tab Pageの導入

  1. Empty New Tab Page拡張ページをGoogleChromeで開きます。
  2. 「Install」をクリックします。

    Install

    Install

  3. ポップアップしたウィンドウで「インストール」ボタンをクリックします。

    インストール

    インストール

  4. これで拡張のインストールは終了です。この拡張はツールバーにボタンを生成せず、オプションもありません。

使ってみる

試しに新規タブを開いてみます。すると下図のように空白ページが表示されるようになりました。

空白ページ

空白ページ

起動時も空白表示させるには、先のオプションの基本設定で、以下の設定をすればOKです。

  • 起動時:ホームページを開く
  • ホームページ:新しいタブの画面を表示する

やっぱり、空白ページじゃ味気ないなあという方は以下の拡張も検討してみると良いと思います。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Webブラウザ, 覚書 , , , , ,