中身を見ることなくリンク先の中身をInstapaperに放り込むChrome拡張-Send To Instapaper - 適宜覚書-Fragments

中身を見ることなくリンク先の中身をInstapaperに放り込むChrome拡張-Send To Instapaper

      2017/03/03

Install

Instapaperは、興味あるWebページを後で読む用にポイポイと放り込むことが出来る非常に便利なWebサービスです。例えば、モバイルで面白い記事を見つけてInstapaperに放り込んで家でじっくり見るとか、或いは普段から読みたいものを溜めこんで置いて移動時間やちょっとした隙間時間に纏め読みするとか、使い方は色々です。

ところで、この便利なInstapaperですが、多くの場合公式のBookmarkletを使用してサービスに登録していると思います。大抵の場合これで十分ですが、一旦はその対象のページを開いてWebブラウザに読みこませることになります。

そうではなく、最初から有用と分かっているWebページであればリンクをクリックする前に、リンク先をInstapaperに流し込めると余計なロード時間が要りません。つまり、立ち読みが必要なところは一旦は開く必要がある一方で、まず確実に外れなしのところは立ち読みしないでも良いのではということです。その場合、Send To Instapaper拡張を使ってみてはどうでしょうか?

導入

  1. Send To Instapaper拡張のページをGoogleChromeで開きます。
  2. 「Install」をクリックします。

    Install

    Install

  3. ポップアップしたウィンドウで「インストール」ボタンをクリックします。

    インストール

    インストール

  4. この拡張はアイコンを生成せず、オプションもありませんのでこれで導入は終了です。

使ってみる

  1. 任意のページのリンクの上にマウスカーソルを重ね、右クリックします。例えば、はてなブックマークのトップページにあったtwitterでXSS脆弱性発生:ハムスター速報 - ライブドアブログについて行います。

    対象のリンク上で右クリック

    対象のリンク上で右クリック

  2. するとメニューが表示されるので、その中の「Send Link to Instapaper」をクリックします。

    コンテキストメニュー

    コンテキストメニュー

  3. Instapaperにログインしている状態であれば下図のような投稿画面が表示されるので、必要であればサイト名等メモして(オプション)、「Add」ボタンをクリックします。

    投稿画面

    投稿画面

  4. Instapaperを見ると下図のようにリンク先が読みやすく保存されています。

    投げ込んだ結果

    投げ込んだ結果

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Webサービス, Webブラウザ , , ,