停止中のりむったー代替策にTL上のツイートに発言者との関係性を表示する -Twitter Relateful Timeline - 適宜覚書-Fragments

停止中のりむったー代替策にTL上のツイートに発言者との関係性を表示する -Twitter Relateful Timeline

      2017/03/03

Install

Twitterでよく「Follow・リムーブご自由に」とBio.に書いていらっしゃる方も見かけますが、そこはそれ。日本人のお家芸である本音と建前って奴もあったりで、リムーブを通知するりむったー(りむったー)というWebサービスを利用している人が実は多かったりします。

やっぱり増えるのは嬉しいけど、別れは寂しいものですよね。え?ああもっとドロドロした情念とか承認欲求のお話をしてもいいですが、そういうのお得意な人が何周も議論してるでしょう。エンドレスなネタはそういうクラスタだか何だかにお任せします。

で、何だかんだ重宝されているりむったーですが、段々運用が厳しくなってきたようです。

りむったー動作停止中です、再開の見込みは微妙です。もともと停電で止まっていたのですが、そもそもTwitter側からも断続的に接続を弾かれていてまともにサービスとして動かすのが困難になってきています。ちょっと潮時かとも思うので、サービスの停止も含めて検討中です。
@remtter
りむったー

色々厳しい模様です。で、上記のように何だかんだでモヤモヤとFollower動向が気になる方々にとってこれは困ったことですよね。そこで一つの代替策を挙げてみましょう。Twitter Relateful Timelineというユーザスクリプトの導入です。

あ、前もって書いておきますよ。このスクリプトはそれなりにリソースを喰います。遅くなってあかんとか言う方はスクリプトをアンインストールしてください。筆者の機体で大丈夫なので余程のものじゃなきゃ大丈夫な筈ですが、念のため。

Twitter Relateful Timelineの導入

  1. Twitter Relateful Timeline for GreasemonkeyをWebブラウザで開きます。以下筆者はChrome7.0.503.0 devで説明します。
  2. 「Install」をクリックします。

    Install

    Install

  3. 画面下に表示される下図メッセージで「続行」をクリックします。

    続行

    続行

  4. ポップアップしたウィンドウで「インストール」ボタンをクリックします。

    インストール

    インストール

  5. これで導入は完了です。特にアイコン等は生成しません。

使ってみる

早速使ってみましょう。Twitter公式サイトを自分のアカウントでサインインして開いてみて下さい。すると下図のようにユーザつぶやきの下にフォロー状態が表示されるようになります。

関係表示

関係表示

上図は相互Follow状態のものですが、例えば自分からのみの片思いは「フォロー」と表示されますし、RTなどで直接関係が無い方は「無関係」と表示されます。

但し、先にも書いたようにこのスクリプトは一個一個つぶやき毎に関係を確認しにいくので、それに相応する確認状態表示になることもあります。(特につぶやきロード直後)

所感

あー、冒頭にああやって煽りましたけれどもね。筆者自身りむったー使っているんです。他人の顔色見てつぶやきを変えるつもりは全くありませんけれど、「あー、こういう話題は食いつきいいなあ」とかは分かると楽しいですよ。RTしまくったりReplyしまくったりするタチだったらツールに頼らなくてもいいんですが、うちはそう滅多に活性化しませんしねえ。(^^;;;

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス, Webブラウザ ,