Creative Commonsライセンスの効果音ファイル集-The Freesound Project - 適宜覚書-Fragments

Creative Commonsライセンスの効果音ファイル集-The Freesound Project

      2017/03/03

効果音的な感じ
効果音的な感じ

効果音的な感じ

ゲームを自作していてSound Effectを探しているとか、電話の効果音を別のものに差し替えたいとか色々と効果音ファイルが欲しいという場面はあると思います。例えば、雷鳴であったり雨だれであったりオバケが出たような音、コントのようなおちゃらけた音とか…。意外と効果音一つで場の雰囲気に色付けが出来たりすることもあるので馬鹿になりません。

ところが、こういった素材はネットで探すと結構有料でいいお値段だったり、期待した通りの音が見つからないなんてことが多く、気軽に試すという感じでも無かったりします。今回紹介するhe Freesound Projectはそういった状況には珍しいもので名前の通り無償で使えますし、非常に多くの効果音が蓄積されています。置いてあるファイルは全てCreative Commons — Sampling Plus 1.0ライセンス下にあります。早速見てみましょう。

使ってみる

  1. freesound :: home pageをWebブラウザで開きます。
  2. 手っ取り早く面白そうな音を聴いてみたいなら、右側のメニューにある「Additions in last 48 hours...(ここ2日間に追加された新鮮な音)」とか「Most popular files(人気のあるファイル)」「Highest rated sounds(高評価の音」あたりから適当なものを選んでみましょう。英語ですが、簡単な単語ですし極論聴いてしまえば分かるので適当に押したところで困ることはありません。

    とりあえずミーハーに皆にウケているものを見てみるメニュー

    とりあえずミーハーに皆にウケているものを見てみるメニュー

  3. 例えば、雷雨を聴いてみましょうか?freesound :: view sample :: rbh thunder storm.wavを開きます。するとこのようにその効果音の画面に遷移します。

    雷雨

    雷雨

  4. 早速聴きたいのであれば、Waveform & Preview項目の再生ボタンを押すとガラガラピッシャーンと再生が開始されます。

    再生と繰り返し

    再生と繰り返し

  5. このサンプルは、3分30秒と聴きごたえのある長さなので使いませんが。もっとシンプルな数秒の効果音の場合は再生ボタンの右にある繰り返しをクリックすると効果的です。
  6. 尚、このサイトで音源ファイルをダウンロードする場合は、事前にアカウントを作成してログインする必要がありますが、その肯定は割愛します。
  7. このサイトの便利なところは、ユーザがファイルの属性をタグ付けするところです。実際に使っている人達がカテゴライズしているのでピッタリな属性が既にタグ付けされています。これを使うと芋づる式に臨むファイルをズルズルと引っぱれます。

    タグ

    タグ

  8. 例えば、雷というよりも雨の音繋がりで色々聴いてみたいなら「Rain」をクリックします。
  9. するとこのように雨繋がりの効果音がダーッとリスト表示されます。先の画面と違い、この画面には見ての通り各ファイルの再生が可能となっていますので次々にお試しが可能です。同時に一つしか聴けないというものではないので、物によっては複数同時に再生すると更に面白い効果音になったりと楽しめます。

    雨繋がり

    雨繋がり

  10. この画面や先の画面に限らず、タグ付けが複数表示されていますので辿れば色々と聴くことが出来ますし、どういったキーワードを使えば欲しい音を探せるかも把握できるようになります。
  11. 先程いきなり右メニューを使用しましたが、ある程度勝手が分かれば左側のBrowse/Searchの各項目から欲しい音をダイレクトに探すということも出来ます。

    Browse

    Browse

  12. freesound :: view tagsも便利そうですね。

    タグクラウド

    タグクラウド

所感

一旦使い始めるとどんどん掘り進むことが出来る一方で、一般的に類推可能なツリー構造というのが無いのでタグをいじりこまないとどこにどういうものがあるのかが少し分かり難いのが難点です。とはいえ膨大な音源が自由に使えると言うのは大変有難いことですね(^^

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス