度忘れしてしまった際恥ずかしくて他人に聞き難いiPadの常識的5Tips - 適宜覚書-Fragments

度忘れしてしまった際恥ずかしくて他人に聞き難いiPadの常識的5Tips

      2017/03/03

やあ (´・ω・`)ようこそ、バーボンハウスへ。このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。うん、「また」初心者用の皮を被った筆者の無知晒しなんだ。済まない。

ジョブズの顔もやつれ過ぎ(?)って言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でまあ。iPadについてね、21 Useful Tips and Tricks for Apple iPad Users | Thumb Pressという記事があって「ふんふん、それくらい知ってる知ってるーーー」って読んでるうちに、知らないネタも出ちゃったので覚書して紹介するのですよ。流石に21個全部ってことはないんですけどね。

1.iPadには画面回転禁止ボタンがある

のっけからすみません。きっと常識過ぎるんでしょうけれどまじめに知りませんでした。ホームボタンを下とした時に右上にボリュームボタンとスイッチがあるのですが、このスイッチがそれです。縦方向なり横方向なり固定したい方向で画面を見た際に、このボタンをポチリと変えると方向が固定されます(赤いマークが見える状態)。固定化された際その旨画面内にもアイコンが表示されます。

iPhoneの時もマナーモードスイッチ暫く知らなかったんですよ。学習しませんね><。

2.CapsLockの使用

これもiPhoneで暫く気付かなかったので、似たような話ですが、以下の設定をします。

  1. [設定]-[一般]-[キーボード]でCapsLockの使用を「オン」にします。
  2. 入力時にShiftの上矢印キーをトトンっとダブルタップするとキーが青色になります。これがCapsLock状態で英語の大文字を連続で書く際に便利です。

3.Botom Dockは6アプリまで置ける

iPad買った時に最初に思ったことの一つにiPhone並にギューギュー詰めればもっと一画面にアプリ沢山おけるのになあというのがありました。iPhoneの場合は物理的に空間が無かったりして仕方ないんです。でも隙間の方がアイコンより空間を占めてるのが悔しいのです。貧乏性ですね。

で、全体の話じゃありませんが常時画面下部に表示されているアプリの置き場にBottom Dockがあるのですが、これ既定は4アプリなのを6アプリまで増やせます。方法は簡単。そこに置きたいアプリのアイコンを長押しすると、削除や移動が可能になりますから、ググッとドラッグしてBottom Dock上でドロップすればOKです。

4.即座にミュートにするには?

iPadは電話では無いのでマナーボタンはありません。でも、パパッとミュートにしたい場面もあるかと思います。主にBossやら家内やら子どもがアプローチしてきた際に…。

簡単です。ボリュームを下げるボタンを「数秒長押しする」と即座にミュートになります。でも、画面は健在なので音だけで済む場合や単にノイジーな場合にしか使えませんけれど…。え?それで十分ですか、スイマセンorz。

5.子どもに勝手にアプリをインストールやアプリ内購入をされないようにするには?

家族用ネット端末として子どもにもiPadを自由に触らせるとか、実家の親用に購入するなどというケースを想定しましょう。流石に尖ったものに向けて投げつけられたり、上に乗って椅子替りにされたりなどの物理攻撃はどうしようもないとして、使って欲しくない使い方が幾つかあります。勝手にアプリを買ったりアプリ内購入をしたり、意図せず位置情報を垂れ流したり、見て欲しくないコンテンツを見られたり…。そのご家庭の方針によってはおおらかにやることもあるかもしれませんが、きめ細かな設定も可能です。

[設定]-[一般]-[機能制限]を選択し、「機能制限の設定」をタップします。すると機能制限用のパスコードを要求されますので設定します(初回と確認用の2回)。後は必要な機能制限をオンにし不要な制限をオフにしたり任意に設定してください。余計かもしれませんが、あまり厳しくし過ぎても使い難くなるだけで効果薄いかもしれないので上手く使ってみましょう。

4桁パスワードでは不安であれば構成プロファイルを作成すれば複雑なものにすることも出来ます(多分)。

所感

一応他のTipsは自分も知っていました。活用しているかどうかというと微妙なのですが(^^;;;。SafariのブックマークからiPadユーザガイドを見れば結構あれこれ載っているんですけど、なかなかそこまで読みにいかないですよね。例えばVPNでの使い方とかディレクトリサービスでの使い方なんてのも実はあったりします。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - iPhone, Tips, 覚書 , , , , , ,