Windowsのアプリケーションウィンドウをグリッドに整列表示させるツール-Window Manager - 適宜覚書-Fragments

Windowsのアプリケーションウィンドウをグリッドに整列表示させるツール-Window Manager

      2017/03/03

WindowManagerロゴ
WindowManagerロゴ

WindowManagerロゴ

Microsoft Excelなどのアプリケーション内では、複数のファイルを「上下に表示」「左右に表示」などで並べて表示することが出来ます。これにより複数のファイル間で内容を目視参照したり、データのやり取りがしやすくなります。

単に並べて表示するだけではなく、画面をピッタリ均一に分割することが出来、狭い画面でも効率的に利用することが出来ます。例えば、これが手で任意のサイズに変更出来るとしても面倒ですし、無駄な隙間が出来てしまいます。

しかし、こういった複数ウィンドウを綺麗に無駄なく配置する機能というのはあくまで特定のアプリケーション内で機能するものです。例えばデスクトップにWebブラウザと表計算ソフトと文書作成ソフトが起動しているとして、これらを綺麗に配置させる機能はありません。現在利用するソフトウェアを最大化して必要に応じて画面切替をするでもよいですが、上手くこれらのウィンドウを整列表示させる方法を以下紹介します。

Window Managerの導入

  1. DfgbtをWebブラウザで開きます。
  2. 「Download」をクリックし、インストーラファイルをダウンロードします。

    Download

    Download

  3. ダウンロードしたSetup.msiをダブルクリックして起動します。
  4. 表示されたウィンドウで「Next」ボタンをクリックします。

    Next

    Next

  5. スタートアップでWindowManagerを起動し常駐させるかどうかのオプションを選択して「Next」ボタンをクリックします。

    スタートアップオプション

    スタートアップオプション

  6. インストール先と実行者の選択を行い「Next」ボタンをクリックします。

    インストールパス指定

    インストールパス指定

  7. 「Next」ボタンをクリックするとインストールが開始されます。
  8. インストールが完了したら「Close」ボタンをクリックします。
  9. [スタート]メニューの[スタートアップ]にある「WindowManager」を選択してWindowManagerを起動します。すると、タスクバー上に以下のアイコンが表示され、常駐状態になります。

    常駐

    常駐

  10. アイコンを右クリックすると、このように黒い透過するメニューが表示されます。この例ではスクリーンキャプチャソフトがアクティブな状態で開いたので「画像の…」といった表示がありますが、この文字列はアクティブなウィンドウによって異なります。

    透過メニュー

    透過メニュー

  11. 右上のToolsをクリックするとメニューが表示されるので「Options」を選択します。
  12. すると、このようにWindowManagerのオプションが表示されます。例えば画面グリッドの初期設定は横2縦2の4つですが、ここでは横3縦2の6つに設定して「Save」ボタンをクリックします。

    オプション設定

    オプション設定

使い方

現在3つのウィンドウ、Webブラウザとテキストエディタと画像ソフトが開いているとします。

  1. Webブラウザを選択してアクティブな状態にします。
  2. タスクバーのWindowManagerアイコンを右クリックし黒い透過メニューを表示させます。

    透過メニュー

    透過メニュー

  3. 「Snap」を選択します。するとこのようにグリッドが表示されます。先程横3縦2に設定したのでこのようになっています。ここら辺は利用環境に合わせて調整してください。

    グリッド

    グリッド

  4. 左上のグリッドをクリックすると、画面内の対応する場所、サイズでWebブラウザのウィンドウが配置されます。
  5. 同様に他の二つも配置を行ってみます。結果、このように綺麗に配置表示されました。

    並べて表示

    並べて表示

所感

アプリケーション側でウィンドウサイズを狭められない状態になっているとこのように幅を収められない場合があります。実を言えばこの最後の画像を撮るのにえらく苦労しました。どうやってもChromeの幅が縮まらないのです。結論から言うと、拡張のツールバーアイコンが多過ぎてある幅以下にはならなかったのです。他のアプリケーションでも同様のことが起きるかもしれませんね。 え?そんなぐちゃぐちゃな環境は筆者だけですかね?orz

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, ツール , , , , , , , ,