これから見るサイトが安全かどうか確認するのに便利なF-Secure Browsing Protection - 適宜覚書-Fragments

これから見るサイトが安全かどうか確認するのに便利なF-Secure Browsing Protection

      2017/03/03

BrowsingProtectionロゴ
BrowsingProtectionロゴ

BrowsingProtectionロゴ

表題通り、これから見るサイトが安全かどうかを確認するのに便利なサービスです。

実際のところ同様のサービスは他にも沢山あるのですが、特筆するところを挙げると(1)セキュリティ業者として著名なF-Secureのサービス(他は無名のところが多い)(2)疑わしい挙動に対する検出率が高い…といったところらしいです。((らしいと言うのは伝聞で、自分には今一つピンと来ないので))自分が気が付いたところでは、動作が思ったより早くすぐ結果が出る点や日本語に対応している点((24ヶ国語対応のようです))が良いと思いました。

使い方

  1. F-Secure Browsing Protection PortalをWebブラウザで開きます。
  2. 画面中央にあるURL欄に対象となるサイトのURLを入力して、虫眼鏡アイコンをクリックします。

    URL入力

    URL入力

  3. 画面遷移し結果が表示されます。例としてこのサイトを診断しましたが問題無くて良かったです(^^。

    結果表示

    結果表示

所感

シンプル過ぎて逆にちょっと使いどころが難しいとも思いました。例えばBookmarkletやUserScriptでこのサービスのAPIで必要に応じてスキャン出来たらいいのにと思う訳ですが、どうもそういう方法が見当たりません。

以前現在見ているWebサイトや検索結果の安全性をWOT(Web of Trust)拡張For Googlr Chromeで確認しよう | 適宜覚書-Fragmentsで紹介したインターネットセキュリティ | WOT Web of Trustなどは元々はWebサービスですが拡張等でより使いやすく提供されています。せっかく企業提供のものですし、勿体ないなあとか思ったり。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス, セキュリティ, 覚書 , , ,