今見ているサイトを直接BuzzれるGoogleChrome拡張-Google Buzz Button for Chrome - 適宜覚書-Fragments

今見ているサイトを直接BuzzれるGoogleChrome拡張-Google Buzz Button for Chrome

      2017/03/03

Google Buzz Button for Chrome拡張ページ

昨日と似たような傾向のもので恐縮です><。

従来のGoogleChrome用のBuzz拡張は、主に次の二つです。

  1. Webブラウザでのレンダリングの縮小版を吹き出し状に表示させるもの
  2. GoogleReaderの共有機能経由でBuzzに投稿するというもの

後者は、まさにこの拡張と同じように思われるかもしれませんが、Readerを経由する分間接的です。今回紹介するGoogle Buzz Button for Chromeは、ボタンを押すことで直接Buzzの投稿画面を表示し、今見ているサイトのURLを書きこんでくれます。投稿すればすぐにBuzz上に反映します。また、通常の投稿画面であるため、URLやサイトタイトルを取り込んだ上で任意に追記編集出来ると言うのも大きいでしょう。

では、いつもの導入方法です。

導入

  1. Google Buzz Button for Chrome « Google Chrome Extensionsを開きます。

    Google Buzz Button for Chrome拡張ページ

    Google Buzz Button for Chrome拡張ページ

  2. 「Add to Chome」をクリックします。

    Add to Chrome

    Add to Chrome

  3. 「続行」をクリックします。

    続行

    続行

  4. ポップアップした「インストールの確認」ウィンドウで「インストール」をクリックします。

    インストール

    インストール

  5. ツールバー上にGoogle Buzz Button for Chromeのアイコンが出来ます。

    拡張アイコン

    拡張アイコン

使い方

任意のBuzzりたいページを開いているときに、先に出来た拡張のアイコンをクリックします。例えば、顔文字やネットスラングを体現したネコたちいろいろ - GIGAZINEについて行いましょう。すると下図のように表示されます。

Buzz投稿

Buzz投稿

見ての通りBuzz投稿画面まんまです。Shareaholicの機能を使っているようですが、そちらがどういった関連をしているのかは深彫りしていません。

所感

まさに所感に相応しい愚痴と言うか文句たらたらで恐縮ですが、正直なんでこの程度の機能が早く実現されなかったのか不思議です。これは拡張開発者の方にではなくBuzzチームに対しての苦言です。

そもそも今回この機能が実装されたのは、カウンタ付きのGoogleBuzz投稿アイコンがようやく公式に配布されるようになり、その派生として拡張も作られるようになった結果です。つまりこれまではどうしようとも作れず苦肉の策で標準の接続済みサイトであるReaderを使うという手段を強いられていました。最初のスタートアップの勢いから考えれば早々に公開されて然るべき機能がようやくです。

もうちょっと力入れて欲しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google , , , ,