TumblrでGoogle Analyticsのアクセス解析を利用する方法 - 適宜覚書-Fragments

TumblrでGoogle Analyticsのアクセス解析を利用する方法

   

Analyticsにアクセス

Using Google Analytics | Tumblrの手順部分のみを訳しました。といっても精訳ではありませんが…。

  1. Googleアカウントは既に取得しており、ログインしている前提で進めます。Google Analytics | Official Websiteを開きます。

    Google Analytics

    Google Analytics

  2. Google Analytics画面右上から「Analyticsにアクセス」をクリックします。

    Analyticsにアクセス

    Analyticsにアクセス

  3. 画面下部にある「プロファイルを追加」をクリックします。

    プロファイルを追加

    プロファイルを追加

  4. 「プロファイルの種類を選択」項目で「新しいドメインのプロファイルの追加」を選択する。(既定選択している)

    新しいドメインのプロファイルの追加

    新しいドメインのプロファイルの追加

  5. 「新しいドメインのプロファイルを追加」項目で、トラッキング対象サイトのURLを自分の所有するアクセス解析対象としたいTumblrのURLを入力し、タイム ゾーンの国または地域もプルダウンから選択します。例として「Untitled D Space」で「日本」を設定します。

    URLとタイムゾーン設定

    URLとタイムゾーン設定

  6. 「完了」をクリックします。

    完了

    完了

  7. 画面下部にある「サイトにこのコードを貼り付けます」項目の解析コードを選択してコピーします。

    解析コードをコピー

    解析コードをコピー

  8. 別画面で対象のTumblrのDashboardを開き、「Customize」をクリックします。

    Customize

    Customize

  9. 「info」をクリックします。

    info

    info

  10. 「Description」欄に先程コピーしたGoogleAnalyticsの解析コードを貼り付けます。
  11. 「Save+Close」をクリックします。

    Save+Close

    Save+Close

  12. Google Analyticsの画面に戻り「保存して閉じる」ボタンをクリックします。

    保存して終了

    保存して終了

言い訳所感

眠いのでかなり手抜きでいい加減です。多分追記修正すると思います、多分。ところで、Reblogする場合自分のDashboard使うし、他の人のTumblr見に来るかなあ。でも、あれか。うちみたいにReblog中心じゃないBlogタイプの使い方してるとこなら意味あるのかな?

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Tips ,