今一番人気があるBuzzユーザBest50リスト-Most Popular Buzzers - 適宜覚書-Fragments

今一番人気があるBuzzユーザBest50リスト-Most Popular Buzzers

      2017/03/03

最近Buzzに寄り過ぎの気がありますが、今暫くはこれを楽しんでおります。さて、表題はそのまま今一番人気があるBuzzユーザBest50リスト、即ちFollower数の多いランキングです。

  • Buzz Top - Rating of most popular Buzzers

かなり頻繁に更新しているようで、上位こそ安定していますが結構上下動が見てとれます。

f:id:dacs:20100222005520p:image

こんな感じでダーーッとリスト化されています。順位、ユーザ名、Follower数、対前回Follower数増減と並んでいます。中位より下位は結構いい加減です。1000や2000ならもっといそうですし、どういう選び方をしているのか分かりません。現時点では10位以内は著名な方が殆どを占めています。実際にBuzzの内容を読んでみれば、成程こりゃ人気もあるなあと納得する方ばかりです。ちょっとネット系の著名人に偏り過ぎているかもですが、そもそもこういうツールに飛びつく人に人気の人ですからこの結果はさもありなんです。ですので、かなりミーハーな自分は、これは良いFollow先リストだと活用しています。

f:id:dacs:20100222011120p:image

ただ、そうはいってもあくまでFollower数でのランキングなので、必ずしも人気だけかと言えば実のところは違います。例えば、7位のCha McGillさんという方はアイコンは既定のままで、Follower数は大きく、対前回も増えていますが、Follow数がFollower数の5倍以上のため、赤字でFollow数が付記されています。

f:id:dacs:20100222012258p:image

Buzzをやっている方はご存知と思いますが、BuzzはFollow数の制限が恐らくありません。あっても凄く緩い。Twitterの場合、Follower数に妥当な比率のFollowしか出来ないように制限があります。そうしないと無制限にFollowしまくって、「Follow返ししなくちゃ」といった返報性の原理からFollowerを水膨れさせてしまうことがあるからです。スパマーが機械的にそういったことをして迷惑行為をしていたための対処であったかと思いますが、スパムとはいかないまでもFollower稼ぎをしていると見なされるユーザにはこの赤字が表示されています。当初このFollow数は無かったのですが、作者のDenis Rysev氏も「ちょっと区別しよう」と考えたのだと思います。

基本、英語圏の方ばかりですが、1人日本人でランクインしている方がいます。kussamepと言う方で、Buzz開始直後より手動で10000強をFollowしまくって周囲の度肝を抜きました。現在では、35000超のFollowをして4000Follower。

f:id:dacs:20100222015411p:image

残念ながらこの方もFollowerの9倍弱Followしているのでもろに赤字対象です。自分も初期に多く日本の方のFollowをしている中にこの方を入れていましたが、趣味嗜好がどうにも合わないため現在はFollowしていません。ただ、この方には凄いところがあって、英語、中国語を機械翻訳を使い多言語のFollowerに対しコミュニケーションを取っているところは脱帽です。

といったことで、ちょっと今のFollow先物足りないなあというBuzzerの方はこのリストを参考にしてみるのも一手ではないかと思います。

本音ダダ漏れの所感

とはいえ、記事内にも書きましたがリストはあくまで参考です。実際に合う合わないとは関係ありませんので、盲目的にFollowするのではなく中身を見て「自分に」合うかどうかを確認することをお勧めします。更に加えて言うと、あまりお返しとか考えるのは不毛なので自分に合わないならFollow頂いてもFollowしないというのも誠意だと思います。自分にとって面白くないなあ、合わないなあというのより義理を立てるとどうせ無理が来ます。遊びであるにせよ、仕事に関係するにせよそこらへんは自分本位である方が良い結果を生むと思います。

まあ、いくらなんでもTim O'Reillyが17位で上がこれはどうよというのが見てすぐ思ったことなんだけれど(^^;;

更にどうにもならん所感

え?自分ですか?ええ、Followerの倍くらいFollowしてますよーorz

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Tips