今見ているこのWebページがTwitter上でどういう感じでつぶやかれているのかワンボタンですぐ分かるGoogle Chrome拡張-Twitter Reactions - 適宜覚書-Fragments

今見ているこのWebページがTwitter上でどういう感じでつぶやかれているのかワンボタンですぐ分かるGoogle Chrome拡張-Twitter Reactions

      2017/03/08

よくはてなブックマークやdel.icio.usのコメントを表示させるなんてユーザスクリプトやBadgeがありますが、それのTwitter版が欲しいなあと思っていました。情報への反応の速さではTwitterユーザの嗅覚というのは凄まじいもので、次々に面白いものを見つけ出します。見つけるだけじゃなく、その情報をどう捉えたかを的確に140字の制限文字数で記すため本質だけを切り出していたり、鋭角な寸評がついていたりととても参考になります。

で、そういう需要に応えるGoogleChrome拡張あるんです、これが…(^^

  • Twitter Reactions

導入

いつも通り粛々と導入手順。

  1. Twitter Reactionsの「インストール」をクリックします。
    f:id:dacs:20100209001231p:image
  2. ポップアップされたウィンドウで「インストール」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100209001257p:image
  3. ツールバー上にTwitter Reactionsのアイコンが出来ます。
    f:id:dacs:20100209001334p:image

使ってみましょう

表題通り、今見ているサイトで、ツールバー上のTwitter Reactionsアイコンをクリックします。ただそれだけ。非常にシンプルです。オプション設定すらありません。でも、シンプルだけど強力に使い勝手がいいのです。

f:id:dacs:20100209001455p:image

では、サンプルに自分が敬愛する二十歳街道まっしぐらのつぶやきを見てみましょう。

f:id:dacs:20100209001821p:image

こんな感じでそのページについてのつぶやきのリストが吹き出し状にポップアップ表示されます。つぶやきの部分の拡大イメージはこんな感じです。

f:id:dacs:20100209002112p:image

つぶやきは新しいものが上で古いものが下になっています。では、トップページではなく特定の記事の場合どうでしょうか?人気記事となっているこれはすごい!Googleが実験的に公開しているサービス10選*二十歳街道まっしぐらについて見てみましょう。

f:id:dacs:20100209002541p:image

先程重複しているつぶやきもありますが、基本この記事に関するつぶやきに変わったのが見て分かります。

ポップアップの中は、つぶやいたユーザ名はそのユーザのTwitterページへのリンク、つぶやき日時はそのつぶやき単体へのパーマネントリンクになっています。つぶやきの中にあるhttp://****なリンクは今開いているページのURL(或いはその短縮URL)だからかリンクは組み込まれていません

紹介のビデオも用意されていますのでご参照下さい。


D

:細かいところですが、気が効いた作りだと思います

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google , , , ,