「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!仕事しろ!」とばかりに一日のWebページ閲覧に寿命を与えるGoogle Chrome拡張-StayFocusd - 適宜覚書-Fragments

「てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!仕事しろ!」とばかりに一日のWebページ閲覧に寿命を与えるGoogle Chrome拡張-StayFocusd

      2017/03/03

いつまでWEBで遊んでるん... - ケンシロウ - はてなセリフ

Webページの閲覧は楽しいです。ついつい、面白いページから面白いページと渡り歩いていると時間が幾らあっても足りません。重症になると朝見始めていつの間にか昼ごはんの時間…ちょっと後で食べようとか思っているといつの間にか日が暮れているとか…。あまりにノメリ込みすぎると家族やら友人やら上長やらがケンシロウの如く北斗神拳を繰り出してきたり、いつのまにかお一人様になっているかもしれません。

はい、そこで自制してWebページの閲覧可能時間を設定出来るStayFocusd拡張~(ドラえもんのアイテムSE)。

Attention,Please

使う前に注意事項をば。この拡張かなりヤリ過ぎなのでいきなり導入しないで以下の挙動を理解してお使い下さい。

  • 一旦そのページをブロックすると翌日まで表示出来ません
  • ブロック解除設定はありますが、設定画面でも翌日まで解除が出来ません
  • ブロック単位は基本はドメイン単位です。何も気にせず実行すると翌日までそのドメイン下全てが表示出来なくなります。例えば、以下の動作例でふぁぼったーの自分のアカウント分をブロックしたところ、ふぁぼったー全体がブロックされました。個別ページをカスタムブロック設定出来ますが、ちょっとめんどいです。

まあ、実はそれも簡単に対処出来るんですが、こういうのにウトい人相手にならそれなりに通用します。それにちょっとWebに時間かけ過ぎと自覚がある人には目安として使えるんじゃないかなあと思います。

導入

代わり映えなくいつもの手順です。

  1. StayFocusdでインストールをクリックします。
    f:id:dacs:20100204213040p:image
  2. ポップアップされたウィンドウで「インストール」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100204213039p:image
  3. ツールバー上にStayFocusdのアイコンが出来ます。
    f:id:dacs:20100204213038p:image

使い方

  1. 閲覧制限時間を設けたいページを開きます。
  2. その状態でツールバー上のStayFocusdのアイコンをクリックします。
    f:id:dacs:20100204213038p:image
  3. 制限時間表示のついた吹き出し状のポップアップウィンドウが表示されます。既定は残表示時間10分です。この時間はオプションで設定可能です。
    f:id:dacs:20100204213434p:image
  4. 心の準備は良いですか?一旦始めると後戻り出来ないので心してください。「Block this entire Site」をクリックします。
  5. ポップアップが消えて、ツールバー上のStayFocusdのアイコンが赤くなり、カウントダウンを開始します。(サンプルは都合1分の寿命にしました。)
    f:id:dacs:20100204214010p:image
  6. 残り時間を有効に名残りを残さぬようお使い下さい(^^。
  7. 残り時間を使い切ると、表示していたページからStayFocusdにリダイレクトされます。見ての通り「仕事しろ、このヴォケ!(超訳?)」と大きく書いてあります*1
    f:id:dacs:20100204214541p:image

本領発揮なところ

さてさて、そうはいってもまたこのページが見たいのにチャンネル切り替えられたみたいになっているあなたが何をするか?火を見るより明らかですが、この拡張そう甘くはありません。

  • リロードしてみる。->既にStayFocusdにリダイレクトされているので「仕事しろ、このヴォケ!(超訳?)を再読み込みするだけです。
  • ブックマークからさっきみたページを開く->無駄です。一瞬表示しすぐにStayFocusdにリダイレクトされます。手でURLを打ち込もうが無駄無駄。
  • じゃあ一回Webブラウザを落として再起動してみる。->駄目です。Webブラウザを落とそうが、OSを落とそうがこのページはブロックされます。今日はもう見ちゃいけません。メッ!
  • もう嫌だ。設定でブロックサイトを削除するよ><。->さっき忠告しておきました。たとえ設定といえど、翌日までこのページを見せることは許しません。
    f:id:dacs:20100204215414p:image
    設定ページには確かにどこがブロックされたか表示されていて、これを削除することは出来ます。明日になったらね。実際にやってみるとこのようなアラートが表示されます。
    f:id:dacs:20100204215619p:image

所感:どうしてもブロックされたWebページが見たいよママン

救済策はあります。それも非常に簡単です。以下のどれかを実行して下さい。

  • StayFocusd拡張を無効化する
  • StayFocusd拡張をアンインストールする
  • 何かしらウェブプロキシを使う。所詮はURLからアクションを起こすだけです。

とはいえ、最後のは面倒なので多分1番か2番でしょうねえ。(^^;;まあ、勝手にブロックされるようなものではないので(そういう風にも運用は出来ますが)自分のWeb利用をチェックするのに試してみたらいかがでしょうか?

真の所感:つぶやいてて思いついた

時間のカウントダウンはまあ標準で良いとして、寿命らしくロウソクの残りで表示してくれないかな?源平討魔伝みたいなのがいいな。寿命が切れると、安駄婆が出てきて「情けなや」とか罵声を浴びせるとか、金を与えると「ありがたや」ってブロック解除とか。自分で書いてて嫌なブロッカーだな、それ

ご参考に以下どうぞ*2

*1:仕事しなきゃいけないんじゃないのー?と書いてあるのですが、心の目で読むとこうなります

*2:何の参考だwww

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google , , , ,