YouTube動画にサクサクと簡単かつ無料で字幕をつけることが出来るCaption Tube - 適宜覚書-Fragments

YouTube動画にサクサクと簡単かつ無料で字幕をつけることが出来るCaption Tube

      2017/03/11

f:id:dacs:20100118211329p:image

  • CaptionTube

表記通りYouTube動画に字幕を簡単につけることの出来るサービスです。

f:id:dacs:20100118211751p:image

日本語化されていますし、不安なく利用出来ます。利用にはGoogleアカウントが必要で、これでログインします。

使い方

  1. 未ログイン状態ならば、CaptionTubeの「ログイン」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118211931p:image
  2. すると、Googleアカウントのログインページに遷移しますので、パスワードを入れて「ログイン」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118212334p:image
  3. Caption Tubeのマイ動画画面が表示されます。全部灰色で濃淡があまりないのでキャプチャ映えしないですね。この画面は日本語化されていません*1。(^^;;
    f:id:dacs:20100118212737p:image
  4. とりあえずの選択肢は2つです。(1)「Personal Video」ボタンは、自分でアップロードした動画があってこれに字幕を付けたい場合に使います(2)「Specific Video」ボタンは、自分でアップロードした動画以外に字幕をつける機能で、字幕をつけた後は動画のオーナーに字幕付けたことをMailで連絡することが出来ます。シンプルですが、痒いところに届く作りですね。
    f:id:dacs:20100118213543p:image
  5. ここでは自分の動画に字幕を付けてみます。「Personal Video」ボタンをクリックします。
  6. 「こちらをご覧ください」と書かれたページに移動します。
    f:id:dacs:20100118214023p:image
  7. 「YouTubeへ行く」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118214140p:image
  8. 「アカウントへのアクセスの承認」ページに移動するので「アクセスを許可」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118214351p:image
  9. 自分の作成した動画が表示されます。多くある場合は複数ページとなります。
    f:id:dacs:20100118214613p:image
  10. 字幕をつけたい動画のオプションボックスを選択します。
    f:id:dacs:20100118214834p:image
  11. 「インポート」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118215000p:image
  12. インポートされた動画が表示されますので、「編集」をクリックします。
    f:id:dacs:20100118215233p:image
  13. 字幕編集画面が表示されます。
    f:id:dacs:20100118215508p:image
  14. Default Trackの言語は英語になっているので、日本語にしておきます。しなくても良いかもしれないのですが、一応。画面下にある小さな鉛筆っぽいアイコンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118215955p:image
  15. Track言語をプルダウンで「Japanease」を選択して、「保存」をクリックします。自分はオマケでトラック名も変えました。
    f:id:dacs:20100118220223p:image
  16. ようやく…ですが字幕をつけましょう。編集のメイン操作は動画画面の右にあります。
    f:id:dacs:20100118220443p:image
  17. することは簡単です。動画のタイムラインで字幕を入れたい部分を選択して「字幕を追加する」ボタンをクリックすると、字幕編集可能状態になります。例えば、この動画の冒頭に説明を入れてみましょう。「字幕を追加する」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118220822p:image
  18. 編集可能状態になったので「字幕テキスト」欄に入力します。
    f:id:dacs:20100118221132p:image
  19. この字幕の表示開始時間と表示時間を入力します。表示開始時間はHH:MM:SS:FFFつまり、時間:分:秒:ミリ秒で指定し、表示時間はMM:SS:FFFつまり分:秒:ミリ秒で指定します。このサンプルの動画の長さは00:00:43つまり43秒と短いのでそれも勘案しつつ進めます。とりあえず目分量で5秒くらい表示しましょうか。手動で入力も出来ます
    f:id:dacs:20100118221851p:image
  20. 「字幕をセーブする」をクリックします。
    f:id:dacs:20100118222150p:image
  21. 「プレビュー」を押すと再生状態を確認出来ます。このサンプルはせっかちにもすぐにデモに入っているので5秒は長過ぎでした。そこで1秒に短縮し、進捗の説明を同様の方法作成していきます。どれくらいの表示が良いのかは細かく調整しつつ作成します。下のタイムラインを使いながら作成すると効率が良いです。
    f:id:dacs:20100118224128p:image
  22. 最終的にこれで良いという状態に仕上がったら、「Publish」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118224244p:image
  23. 出力のオプションが表示されます。(1)YouTubeに出力(2)PCにダウンロード(3)字幕をメールする(4)字幕をテキストとして貼り付ける(?)が選べます。ここではYouTubeに出してみます。再度「Publish」ボタンをクリックします。
    f:id:dacs:20100118224651p:image
  24. YouTube上に出力された旨ポップアップメッセージが表示されます。YouTubeの性質上すぐは見られませんが、確認したい場合は「OK」をクリックします。
    f:id:dacs:20100118225025p:image

実際に作成した結果が以下の動画です。


D

世の中には素敵な動画が沢山あります。例えば、英語で喋っている素晴らしい動画が、単に英語と言うだけであまり見られなかったりするのは勿体無い話で、これに和訳字幕を作ると喜ばれること請け合いです。Googleの技術で自動翻訳がかなりの精度でつくにしても、やはりきめ細かくニュアンスを含めたり、補足情報を追加したり出来るのは人間の手による訳の面目躍如たるところです。翻訳じゃなくても、動画だけじゃ少し物足りないなあと思うところに字幕を付けてみたりするものよいですし、ニコニコ動画もどきのものを作っても面白いかもしれません。

こっそり所感

え、字幕.inがあるし、こんなサービス昔からあったじゃん、あんた情弱(ryですって?しーーーっ!そういうこと言わないのですよ、まあ書いてからそうだよなあとは思ったんだけどボツにするには長いし、今現在字幕.in見れないから…全く知らない人なら喜ぶから静かにしてるよーに><。

あ。後ここで紹介したのは機能の一部に過ぎないからあれこれいじってみると楽しいよ、多分、きっと。恐らく*2

*1:正確には半端に訳されています。画像は英語

*2:てけとーな

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, レビュー, 覚書 ,