どのフォントが一番インクを浪費するか実際に試してみたでござるの図 - 適宜覚書-Fragments

どのフォントが一番インクを浪費するか実際に試してみたでござるの図

      2017/03/03

f:id:dacs:20100103011422p:image

日本人の場合、思いつきをそのまま実際にやってみるっていうのなかなか出来ないですよね。よく言えば頭が良い。悪く言えば、頭が固くて出来ることもすぐ自分で出来ないようにしてしまう。そこんところ、外国人は実に無頓着な代わりに何かしら結果を出す。頭で考えてバカバカしいから止めるとかそういうストッパーがハナから無い。どちらがいいとは言えないけど、ここ数年の世界的な閉塞を見てると前者はジリ貧で地獄行き、後者は運否天賦だけど結果は早々に出て次の手が打てるのかなあとか思ったり…。

で、いつものごとくどうでもヨサゲな前振りですが、表題通り実際にやってみたのを写真に取ってプロセスを公開しているサイトがあります。

  • Measuring Type : Matt Robinson

仮に実際にやってみるにしても紙か何かにやってみれば事足りるようなところを壁に同じサイズでボールペンで書いてしまうところがポイントwww。確認したのは以下の8書体*1、いずれもアルファベット表記ではメジャー中のメジャーどころです。

  • Cooper Black
  • Times New Roman
  • Comic Sans
  • Impact
  • Courier
  • Helvetica
  • Garamond

上記サイトの5枚目に結果が載っていて、ボールペンのインク残が少ないものが一番浪費しているという目で見てよく分かる結果です。*2

それにしても、これ下書きが写っているように見えないんですけど、よくこんな精緻に書体を壁に書けましたね。普通に考えると先に外枠をPCか何かから印刷したものをトレースで鉛筆書きか何かして塗り絵するんだと思うのですが、どうやってやったのでしょう?結果や発送も興味深いですが、すごく気になります。

とんでもない所感

閲覧する親愛なる皆様にお願いが…。可能であれば、日本語フォントで誰かやって下さい。覆面でいいですよ。網タイツかぶったり、パンツ被ったり、ダンボール被ったりでいいので(^^;;;;

*1:結果分からぬよう順不同にしましたが、一つ流暢な筆記体の書体はよく分かりませんでした

*2:なんか一瞬棒グラフ的に沢山ある方が沢山使っているように勘違いしちゃいますが、やる前からどう見てもインク使うよなあと思うものが残り少ないですから

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書