Google Chromeでタブを固定化してタブエリアを広く使う方法 - 適宜覚書-Fragments

Google Chromeでタブを固定化してタブエリアを広く使う方法

      2017/03/03

この機能は現時点ではdev版のみの機能のようです。stable版では出来ませんでした。

f:id:dacs:20091124214459p:image

基本機能過ぎてアホ扱いされそうだけど(^^;;自分にはこの機能知らずにいて、実際に使って嬉しかったので覚書。タブを固定すると言うのは、Chromeの上部に表示されるタブをちっちゃくして、ファビコンだけの表示にしてしまうことです。何が嬉しいかって言うと、狭いタブエリアを少しでも有効に使うことが出来るようになります。

例えばGmailとかGoogleReaderとかdeliciousとかよく使うサイトは固定タブにした方がよいと思います。というのもこれらのサイトはよく使うだけあってわざわざ文字で「GoogleReader」などと横幅を取って表示しなくてもファビコンだけで十分判別出来ます。一方、何か調べ物をしたり、Webサーフィンの途中でフラリと立ち寄ったサイトであれば、タブにTitleが表示されている方がより便利です。

タブの固定化方法

固定化したいページのタブを右クリックして表示されたコンテキストメニューから「タブを固定」を選択するだけです。

f:id:dacs:20091124221224p:image

タブ固定化されると、固定されていないタブの左側に固定タブが移動して作成されます。既にタブを一個固定化しているのであれば、固定されていないタブを固定化されたタブの左側へドラッグ&ドロップするだけでも固定化することが出来ます。

次回起動時もタブを固定化しておきたい

上記の方法で任意のタブを固定化して開いた状態で、Chromeの「オプション」画面の「基本設定」タブ上部にある「Reopen the pages that were open last」を選択します。

f:id:dacs:20091124221225p:image

自分の環境は開発版なのでこうなっていますが、通常版だとこの選択肢は日本語表記で「再起動時に最後に開いていたページを開く」みたいな意味合いで書かれているかもです。こうすると、タブを固定して開いた状態で終了すれば、Chrome再起動時もそのように表示されます。

ただ、この固定方法では裏を返すと毎度終了時に次回開いておきたいページを開いておく必要があります。そんなのめんどくさいと言う人(ちゅか自分)は、さきほどの設定を「Reopen the pages that were open last」ではなく「ホームページを開く」に戻し以下の手順を行って下さい。(少し問題が発生しました。追記部分を参照してください)

  1. Chromeを一回閉じます。
  2. テキストエディタで以下のように固定化したいタブ数と起動時表示したいページを任意に書いてください。

  3. Chromeのショートカットのプロパティを開きます。
  4. 「リンク先」に張り付ける

注:上記は筆者の環境用です。そのまま貼りつけず、任意に書き換えて下さい。また、Chrome.exeの起動オプションを使っている場合それもちゃんと追加しておいてください。上書きしてしまっても自分は責任持てません

参考

英語表記だと「pin tab」でメニュー中で表示される場所も少し違うようで、「あれ、ないない」とメガネメガネ状態になったのは秘密です。

追記「タブを固定化」とは

n2s動かせるし消せるしタブ内で他のページに移動できるしで、どこが「固定化」なのかはよくわかりませんがぶくま。2009/11/2

はてなブックマーク - bookmark of 【えぬ】

ブックマークコメントでこう書いてあり、自分も腑に落ちない話なので少し調べてみました。タブを固定化 - Google 検索を見ますと、どうも「タブサイズの固定化」という意味合いのようです。この機能はWebブラウザではFirefox向けのドキュメントが多く、訳語としては一般的なようです。

11/29追記

この方法でやるとショートカットのリンク先で受け付けられる文字数を超過し、超過部分が消えてしまうことが分かりました。恐らく255文字までですので、今回のようにURL指定で多く設定すると後半部分が消えてしまいます。ですので、先に説明した「Reopen the pages that were open last」型を使った方が良さそうです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Tips, 覚書 , , , , ,