秒刊SUNDAYを見て、反面教師的にネタ元は大事にしようと思った - 適宜覚書-Fragments

秒刊SUNDAYを見て、反面教師的にネタ元は大事にしようと思った

      2017/03/08

| ^^ |秒刊SUNDAY | もうアプリ要らない!WEB開発に使えるFirefoxのアドオン11個と11 Powerful Firefox 3 Add-ons That Can Replace Standalone Applicationsを見比べて欲しい。順序の差、コメントの差、画像の利用の差はある。だから別記事は別記事。だけど、選択したアドオンや記事の切り口は全く一緒。Jason Bartholme's SEO Blogの方は少なくとも2008-07-08 08:57:07以前の記事だから、これをネタ元に秒刊SUNDAYの記事は書かれたのだろう。でも、Jason Bartholme's SEO Blogへのリンクやネタ元明記は秒刊SUNDAYには無い。アドオン11個の選択が記事の中核を占める内容だし、そのコアだけ抜き出して自分の記事としちゃうのはあんまりといえばあんまりだろう。

自分はここ最近海外のニュースBlogの記事を翻訳(というのはおこがましいので、超訳と言っているが)することを楽しんでいるが、極力ネタ元は明記し、原文引用を併記する。そして、今回、今後もそうしようと強く肝に銘じた。理由は3つある。

  1. 自分でイチから集めた情報か、ただの翻訳・イジりかでは重みが全く違う。自分は前者の方が高く評価されるべきと考えるから。
  2. 最終的には読者が自分でソースに当たった方が最新の面白い情報にアクセス出来る。ネタ元を明記しないとこの機会を奪う
  3. 誤訳、誤解釈をした場合、その間違いを指摘、修正してもらいやすい*1

今回自分は、読者として2.の欲求に駆られた。すぐにネタ元を見つけられたのは僥倖だったが、必ずしもそうとは限らない。見つからないと、広がりが無いので詰まらない。知識やアイディアというのは、公開した途端私有物ではなくなるけれど、その代りに誘発されて多くの人の思いつきや気づきがあるし、理解も広がる。せっかく面白いことを紹介するなら、より繋がりを容易且つ分かりやすくすることこそがハブの役目だろう。

自分の記事が翻訳で他者の記事に完全に依存していてこう言うのは裏腹だけど、翻訳やイジりは通過点だし、ある意味余分なものでしかない。それだけにネタ元を大切にすることは大事という当たり前のことを強く感じた。

補足

記事として見やすさ、分かりやすさは| ^^ |秒刊SUNDAY | もうアプリ要らない!WEB開発に使えるFirefoxのアドオン11個の方が上。画像を追加して、平易な言葉で説明している良記事。だから、そこに重きを置く人が高く評価することをどうこう言うつもりは全くない。ただ一点「元記事を明示して最低限の敬意を払うこと」において、画竜点睛を欠くとすごく勿体ないと思ったという話。

別件で気にしていたことだが、このコメントのように

[あとで読む]自分で調べたの?なんかのコピペ?

はてなブックマーク - ya--madaのブックマーク / 2008年07月05日

と言われると、「コピペ扱いはひどいよorz」と悲しく思う一方、「翻訳はコピペとニアリーイコールだよなあ」とも思う訳。だって、自分が訳したり、絵つけたり、コメントつけたりするより、元記事書く方が手間暇もかかるし、評価されて然るべきだしね。

*1:ズルいことを言うと記事の中身の責任の所在をネタ元に任せられるとも言えるが、訳者が全て放り出すのもどうかと思う

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,