Googleマップの拡張機能-徒歩もカバーする超高機能な乗換案内 - 適宜覚書-Fragments

Googleマップの拡張機能-徒歩もカバーする超高機能な乗換案内

      2017/03/03

ただの乗り換え案内なら別に全く珍しくないのだが、標題にあるようにこれはGoogleMapsの拡張機能である。主はMapにあるということがポイント。普通の乗り換え案内は駅名同士を入力したりするが、これは住所同士とかランドマーク同士なんてのを始点、終点に指定できる。

例えば、新丸の内センタービルから六本木ヒルズまで(或いはその逆)行きたいなら、そのまま入力すればよい。(森ビル(株) 六本木ヒルズ 総合インフォメーション から 新丸の内センタービル - Google マップ

f:id:dacs:20080709224421p:image

ランドマークで入力した場合、候補が表示され、候補から妥当なものを選択すると住所として変換される。そして、徒歩ルート、電車利用ルート、高速道路ルートなど色々と経路情報、料金情報が表示される。ルートをリストから選択すると連動してマップ上の経路も表示が変わる。

正直なところ、結果を見て「うーーーん?も少しマシな行き方あるよなあ」と思うところは多分にあるのだが、こういうことが出来るというのは純粋に凄いなあと思う。

乗り換え案内のヘルプは、「Google マップでルートを検索する」参照のこと。

この機能はベータ版だが、以下の地域で利用可能である。

  • アメリカ
  • カナダ
  • 日本
  • オーストラリア
  • オーストリア
  • フランス
  • イタリア
  • ポーランド
  • ロシア
  • スイス
  • イギリス

個人的には、中国、台湾が欲しいところ。でも、そもそもMapが中国、台湾はまだ上手く出来ないところあるので厳しいよな。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, 覚書 ,