日本語に対応したAdobe Air1.1リリース - 適宜覚書-Fragments

日本語に対応したAdobe Air1.1リリース

   

f:id:dacs:20080617223834p:image

素晴らしい実行環境なのに、「今一つ日本語対応がなってない、ケシカラン!」と一部のツンデレ開発者共に怒られていたAdobe Airがバージョンアップして日本語に対応した模様。速報のあったAjaxian » Adobe AIR v1.1 Released, Enhanced Support for Internalizationを超訳してみよう。

Adobe AIR, the SDK & runtime which has become the popular choice for building desktop-enabled web applications, has been updated with enhanced support for internalization. With AIR v1.1, Adobe has bumped the number of supported languages to ten including Japanese, Chinese, Russian, Spanish & Brazilian Portuguese and included support for double-byte keyboard input.

Ajaxian » Adobe AIR v1.1 Released, Enhanced Support for Internalization

デスクトップでも利用可能なWebアプリケーション構築環境として大絶賛のAdobe AIR(SDKとランタイム)は、バージョンアップして更なる国際的利用をサポートすることになった。AdobeはAIR v1.1において、日本語、中国語、ロシア語、スペイン語、ブラジル語、ポルトガル語を含む10言語をサポートし、ダブルバイトのキーボードからの入力も併せてサポートした。

Other notable enhancements include:

  • Support for 64-bit editions of Microsoft Vista
  • API enhancements to report disk space availability
  • Ability to determine if the OS can support transparent windows

The full release notes for Adobe AIR v1.1 provide more details about the features and changes in this update.

Ajaxian » Adobe AIR v1.1 Released, Enhanced Support for Internalization

その他の注目に値する変更点を挙げると

  • 64bitのWindowsVistaに対応した
  • 利用可能なディスク容量をレポートするAPIの機能追加
  • OSがWindowsへの透過性をサポートするかどうか決定できる(訳者:これ意味わかんない。なに?)

詳しく知りたい向きには、Adobe AIR v1.1のリリースノート全文には、機能のさらなる詳細情報や変更点、追加点が掲載されている。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , , ,