location(場所データ) - 適宜覚書-Fragments

location(場所データ)

      2017/03/03

Location data can provide these fields:

  • country
  • street
  • latitude
  • longitude
  • postal code
  • state
  • city
  • quality

Pipes - Data Types

場所データには以下のようなフィールドが含まれる。

  • country(国)
  • street(通り)
  • latitude(緯度)
  • longitude(経度)
  • postal code(郵便番号)
  • state(州)
  • city(市)
  • quality(精度)

How many of these fields are available to you depends on the accuracy of the location you provide. The quality field is an indication of the accuracy of the location provided. A specific street address will often have a quality in the 80s or higher. Providing just a city name, like "London", returns a quality of about 40, and providing just a country name, like "Portugal", yields a quality of only 10.

Pipes - Data Types

これらのモジュール内情報がどれだけ利用可能かは、モジュールに与える場所情報の精度に依存する。quality(精度)情報は、場所情報の精度を示す尺度である。住所の通りまで特定されている場合、quality(精度)情報は80%以上になることが多い。「ロンドン」のように市名を与えただけの場合およそ40%前後、「ポルトガル」のように国名だけの場合は10%程度になる。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書