Roots innocent brew(JTフーズ) - 適宜覚書-Fragments

Roots innocent brew(JTフーズ)

      2017/03/03

ここ最近電車の車内広告で気になっていたコーヒー。売り文句は、生まれたのは深く、澄んだ、薫りとか深いコク、澄んだキレ、豊かな薫り純水(硬度1以下)で抽出だそうだ。自分が飲んだのではなく妻が飲んだので味はとんと分からない。んが、結構美味かったらしい。

f:id:dacs:20080602010243j:image:w120 f:id:dacs:20080602010257j:image:w120

JTフーズのサイトにリンクしようとしたところ、商品紹介のページ(JT Roots)が全てFLASHで出来ていてリンク出来ない。普通、せめてサブでHTMLのページ作るものじゃないだろうか?非常に不便。仕方がないのでオンラインショップのページ(商品詳細表示画面)に張っておく。

重箱の隅つつき

せっかくなので、上げ足を取るがカタカナで「イノセントブリュー」と書いてあるのは、ちょっと問題あり。brewは醸造する; (飲料を)調合する; (茶などを)いれる ; (陰謀を)企てる .という動詞だが、発音は[bru:]だ。あえてカタカナに直すなら「ブルー」が正しい。brew - goo 辞書のMP3を何度聞きなおしても「ブリュー」とは聞こえない。というか「ブリュー」では何かがシモの方から漏れ出てくるような音でちと美しくない。blow(風が吹く)の過去形と勘違いしたのだろうか?

勿論ここでのbrewは、Qualcommが開発した携帯端末向けアプリケーションプラットフォームとは何の関係もない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書