For Each: Annotate Module【非推奨モジュール】 - 適宜覚書-Fragments

For Each: Annotate Module【非推奨モジュール】

      2017/03/02

f:id:dacs:20080601100618p:image

The For Each: Annotate module merges data from two separate feeds. The first feed is piped into For Each: Annotate by wiring it to the connector at the top of the module.

Pipes - Deprecated Modules

For Each: Annotateモジュールは2つの別々のフィードからデータを纏めることが出来る。第一のフィードをFor Each: Annotateモジュールの上部コネクタに紐づけることで入力する。

The second source module is dragged from the modules palette directly into the "mini-canvas" (labeled "Drop source module here") inside the For Each: Annotate module. Drop the module when the mini-canvas border turns red. [Note: You cannot drag a module that's already on the main canvas into For Each: Annotate.]

This module has been replaced with the Loop module

Pipes - Deprecated Modules

第二のソースとなるモジュールはモジュールパレットからFor Each: Annotateモジュール中のミニキャンバス( [「Drop source module here(ここにモジュールをドラッグせよ」とラベルされている)に直接ドラッグして持っていく。そして、ミニキャンバスの枠線が赤く変わったらモジュールをドロップする。(注:既にメインキャンバス上にあるモジュールをFor Each: Annotateモジュール中のミニキャンバスにドラッグすることは出来ない)

このモジュールは現在Loop(繰り返し)モジュールに代替されている。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書