まぜそば - 適宜覚書-Fragments

まぜそば

      2017/03/03

かねてより食べたいと思っていた即席麺のまぜそばを買ってきた。

  • 明星食品-まぜそば

f:id:dacs:20080529210835j:image

昔に油そばが流行った頃は、好んで結構油そばを食べた。あのいかにもB級っぽさというか安っぽさというか合成調味料っぽさが何とも言えない。身体に良い要素がひとかけらも無さそうだが、それが良いのだ。このまぜそばも怪しいパッケージに「フライドガーリック、鰹節粉、黒胡椒、チーズパウダー」などと食欲を刺激する文句が踊っている。

中身を空けると、かやく、液体ソース、あとのせかやく、麺が入っている。

f:id:dacs:20080529211454j:image

麺は平麺。即席麺のうどんと似ている。

f:id:dacs:20080529211644j:image

かやくだけ放り込んで湯を入れて5分待つ。その後、湯を捨てて、液体ソースとあとのせかやくを入れてグリグリと混ぜ合せて出来上がりだ。

f:id:dacs:20080529212750j:image

どこにチーズパウダーが入っているのかはさっぱり分からない。でも、おおよそ期待通りの食感、味だった。

何がしたかったかというとGIGAZINEの食べ物記事のマネをしたかったのだ。とはいえ、表現らしい表現も出来ないから、写真並べて終わりだ。

うん、ウマい。出来れば、ビールと合わせて食べたい。それは諸所の理由で叶わないので麦茶と一緒に戴いた。

関連情報

調べてたら、GIGAZINEのもっとちゃんとした記事が見つかった。流石の説明っぷりに脱帽。


D

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - レビュー, 覚書