Location Builder Module(場所情報作成モジュール) - 適宜覚書-Fragments

Location Builder Module(場所情報作成モジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080525164406p:image

This module converts a description of a place into geographical data. It recognizes addresses, zip codes, airport codes, city/country names, and U.S. city/state names.

Pipes - Location Modules

このモジュールを使うと場所についての記述を位置データに変換することが出来る。読み込ませる場所記述は住所、郵便番号、空港番号、市名、国名、米国州名等を利用出来る。

The module outputs a location structure with separate fields for city, state, country, latitude, and longitude. This location can be wired into any module that accepts location types.

Pipes - Location Modules

このモジュールは、市、州、国、緯度、経度をそれぞれ別のフィールドとした場所情報構造を出力する。この出力は場所情報形式を入力として受け付ける全てのモジュールに紐づけさせることが出来る。

補足情報

f:id:dacs:20080525184353p:image

サンプルで使われている情報で出力される内容は上図の通りである。日本の住所を英語表記にして取り込ませようとしたが上手くいかなかった。米国だけ利用できるのか英語圏だけ利用できるのかいま一つ掴めない。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書