Date Builder Module(日付作成モジュール) - 適宜覚書-Fragments

Date Builder Module(日付作成モジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080525164603p:image

The Date Builder module converts a text string into a datetime value. You can pick a date using the handy built-in calendar widget, enter a text string into the module's entry field, or wire a string into it from another module, like the Text Input module.

Pipes - Date Modules

Date Builder(日付作成)モジュールは文字列入力を日付値に変換することが出来る。日付の入力にはモジュールに備え付けのカレンダーフォームを使う、或いは入力欄に文字列として入力する、他のモジュール(例えばText Input(文字列入力)モジュール)から紐づけて入力するなどの方法を選択することが出来る。

f:id:dacs:20080525164604p:image

Date Builder understands all the date formats as Date Input, formats like "tomorrow" and "3 days ago", as well as "07/04/2007" and "16:32 EST".

Pipes - Date Modules

Date Builder(日付作成)モジュールは「明日」「3日前」「07/04/2007」「16:32 EST*1」のようなさまざまな形式を日付情報入力として解釈して取り込むことが出来る。

関連情報

f:id:dacs:20080525184855p:image

例えば「today」と入力すれば、入力時点の日時情報がUTCベースで出力される。手っ取り早く日本標準時の現時点情報を得たいなら

f:id:dacs:20080525190510p:image

「8 hours after」を入力すれば良い。本当はutimeは同じままでロケールのみ変更したいのだけどやり方が分からない。

f:id:dacs:20080525191449p:image

「19:00 JST]とすると世界標準時では8時間前の11:00であることを出力する。

和訳目次

*1:ESTとは (Eastern Standard Timeの略語):米国東部標準時

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書