Private String Module(非公開文字列モジュール) - 適宜覚書-Fragments

Private String Module(非公開文字列モジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080525165115p:image

Use this module any time you need to use sensitive data into your Pipe, such as application IDs, usernames and passwords, in a Pipe that you do not want shared with others.

Pipes - String Modules

このモジュールは、他のユーザと共有するつもりのない扱い注意のデータ(例えばアプリケーションのIDやユーザ名、パスワード等)をPipe内で使う必要がある際に利用するものである。

Private String values will only be shown to the owner of the Pipe and will not be copied if the Pipe is cloned (except by the owner).

Pipes - String Modules

Private Stringモジュールの値はPipeのオーナーユーザのみが閲覧出来、Pipeをコピーしたとしても値はコピーされない(オーナーユーザがコピーした場合はコピーされる)。

補足情報

例えば、次のようなPrivate Stringモジュールを作るとする。

f:id:dacs:20080525233519p:image

しかし、オーナー以外がソースを見ることが出来たとしてもこう見える。

f:id:dacs:20080525233520p:image

一見データの入っていないモジュールと見分けがつかないが、この出力を元に何かしら実行するpipeを作ればきっちり結果が出る。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,