URL Builder Module(URL作成モジュール) - 適宜覚書-Fragments

URL Builder Module(URL作成モジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080510065817p:image

Pipes get their data from resources on the web, and those resources are all defined by URLs. Many URLs are long and complex. Modules like Fetch Feed let you provide a URL as a starting point for a Pipe, but sometimes you'd like to control how that URL is constructed. That's what the URL Builder module does.

Pipes - URL Modules

PipesはWeb上のリソースからデータを得る。それらのリソースは全てURLによって定義されている。多くのURLは長く複雑である。FetchFeedのようなモジュールはPipeのスタート地点としてURLを提供させるが、時にはURLをどう構成させるかを操作したいという場面もある。そういうとき、URL Builderモジュールが役に立つ。

To see how this works, and why it can be useful, lets look at an example URL: http://finance.yahoo.com/rss/headline?s=yhoo

Pipes - URL Modules

このモジュールがどう動くか、何故有用なのかを見るにはサンプルのURL(http://finance.yahoo.com/rss/headline?s=yhoo)を閲覧すると良い。

One of Yahoo! Finance's RSS services lets you get news feeds for companies based on their stock market ticker. The URL above returns news stories related to Yahoo! (stock ticker YHOO). To get news on another company, for example General Motors (stock ticker GM), you'd simply change the URL to:http://finance.yahoo.com/rss/headline?s=gm

Pipes - URL Modules

Yahoo! FinanceのRSSサービスの内の一つは株式市場相場に基づき会社のニュースフィードを与えてくれる。上記例のURLはYahoo!(株式銘柄YHOO)に関連するニュース群を返す。ほかの会社のニュース(例えばゼネラルモーターズ(株式銘柄GM))を得たいなら、URLをhttp://finance.yahoo.com/rss/headline?s=gmに変えるだけで良い。

URLs are built from three main parts. The first is a server name, in our example that's "finance.yahoo.com". The second part is a resource path. That's everything after the server name, up to (but not including) the question mark ("/rss/headline"). Finally, after the question mark are a series of parameters.

Pipes - URL Modules

URLは大きく分けて3つの部分がある。まずサーバ名、サンプルで言うと「finance.yahoo.com」が相当する。次にリソースパス、これはサーバ名に続く疑問符(?)の前までの全て(但し疑問符事態は含まない。サンプルでは「/rss/headline」が相当する。最後に疑問符以降のパラメータ群である。

f:id:dacs:20080510223612p:image

f:id:dacs:20080511010352p:image

In our example, there's only one parameter, named s. The parameter name and its value are separated by an equal sign, giving us "s=gm" or "s=yhoo".

Pipes - URL Modules

例ではsという名称のたった一つのパラメータだけがある。パラメータの名前や値は等号(=)で区切られていて、「s=gm」や「s=yhoo」と言った感じで与えられる。

If we want to use this feed service in our Pipe, we can just drop a Fetch Feed module into the Editor and type the URL in. But then our Pipe is stuck reading data for just one ticker symbol. We could wire in a URL Input module, but then the user has to enter the whole URL.

Pipes - URL Modules

自分のPipeでこのフィードサービスを使いたいなら、エディタ領域にFetch Feedモジュールを配置し、URL欄に入力するだけで良い。しかし、たった一つの表示記号のためにデータ読み取りを中断してしまうことがある。URL Inputモジュールに紐づけてやることも出来るが、その場合ユーザはURL全てを入力しなければならない。

The better way is to use URL Builder. This module constructs a URL for you from parts. Some parts you may type in, others you may wire in using Text User Input modules.

Our example below shows how this works.

Pipes - URL Modules

URL Builder(URL作成)モジュールを用いるのはより良いやり方である。このモジュールを使うとURLをパーツから作りたいように構成することが出来る。一部のパーツを手入力し、それ以外ユーザ入力モジュール群を用いて紐づけてもよい。以下の例でこのモジュールがどう動くかを参照してほしい。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書