Unique Module(単一化モジュール) - 適宜覚書-Fragments

Unique Module(単一化モジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080510065444p:image

This module removes items that contain duplicate strings. You select the element to filter on, and Unique removes the duplicates - if the original feed has five items with the same title, you can configure Unique so only one of these items is included in the output feed.

Pipes - Operator Modules

このモジュールは重複する文字列が含まれるアイテムを削除してくれる。フィルタにかける要素を選択するとUniqueモジュールは重複を削除する。オリジナルのフィードが同じtitleに5つのアイテムを持っていた場合、出力フィードはこのうちの1つだけに絞り込むように設定することが出来る。

補足情報

例えば、複数のRSSフィードを纏めて使うとしよう。複数のニュースサイトから情報を纏めて使いたいというのはよくあることだ。しかし、困ったことに先端的なニュース(情報経路)は、先端的な同じネタ(一次情報)を掴んでしまうこともよくある。ニュースサイトが優秀であればあるほど、一次情報も一致したりする。無論違う指向のニュースを使うというやり方もあるが、重複ネタを機械的に弾けば人間がこの問題に煩わされることもない。

あまり上手い例ではないが、下図はこのサイト(一次情報)が二つの経路から取得された場合である。実際はこんな直接一次情報を並べて取得するのではなく、情報経路が並ぶ形になる。

f:id:dacs:20080519010911p:image

見かけ重複していないように見えるが、実際は「+6 more」に重複分がある。これを纏めるのにUniqueモジュールを使用する。この例の場合、同じTitle要素を弾けば重複は無くなる。

f:id:dacs:20080519010912p:image

どういう風に絞り込むかは、得たい出力によって異なる。試行錯誤して決めると良い。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,