Loop Module(繰り返しモジュール) - 適宜覚書-Fragments

Loop Module(繰り返しモジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080427093323p:image

The Loop module introduces the idea of sub-modules to Yahoo! Pipes. You can insert another module inside the Loop module. When you connect a data feed into the top of the Loop module, the sub-module is run once for each item in the input feed.

Pipes - Operator Modules

Loopモジュールはサブモジュールという着想をYahoo! Pipesに持ち込んだ。Loopモジュールの内側に他のモジュールを組み入れることが出来る。データフィードをLoopモジュールの上に繋げると、フィード中の各アイテム毎に一度づつサブモジュールが作動する。

To add a sub-module to a Loop module, select the module from the toolbar. If the selected module is a valid sub-module, a dotted black border surrounds the "Drop Module or Pipe Here" section of Loop. (Most modules, with the exception of User inputs and Operators can be sub-modules.)

Pipes - Operator Modules

Loopモジュールにサブモジュールを追加するにはまずツールバーからモジュールを選択する。選択されたモジュールがサブモジュールとして有効であるなら、Loopモジュールの「ここにPipeかモジュールかをドロップせよ」と書かれた領域が黒い点線で囲まれる。(ユーザ入力モジュール群やオペレータモジュール軍などの例外を除き多くのモジュールはサブモジュールとして有効である)

f:id:dacs:20080427093326p:image

Drag the module onto the Loop module. When the dotted border turns to solid red, release the mouse button and the sub-module is installed inside Loop.

Pipes - Operator Modules

モジュールをLoopモジュール上にドラッグして移動させ、点線が赤い線に変わったところでマウスのボタンを離す。するとLoopモジュールの中にサブモジュールが組み込まれ(インストールされ)る。(画像はString Regexモジュールの組み込みを例示した。)

f:id:dacs:20080427093402p:image

f:id:dacs:20080427093806p:image

Some sub-modules (Term Extractor, String Regex, etc.) have a connector for input. When these modules become sub-modules, the drop-down list at the top of Loop (For each ... in input feed) is populated with fields from Loop's input feed. Select one of these fields to set the input for your sub-module.

Pipes - Operator Modules

一部のサブモジュール(Term Extractor, String Regex等)は、入力用のコネクタを持っている。これらがサブモジュールとなった際、Loopモジュールの上部のドロップダウンリストにLoopモジュールの入力フィードからフィールド群を組み込まれる。この内の一つのフィールドを選択することでサブモジュールの入力データをセットすることが出来る。

Loop has two options that handle what data passes out of the Loop. The first is "emit results". If this option is selected, only data output from the sub-module is included in the output.

Pipes - Operator Modules

Loopモジュールには2つのオプションがあり、どのデータをLoopモジュールの出力とするかを決めることが出来る。まず「emit results(結果の出力)」だが、サブモジュールのデータ出力のままの出力となる。

If "assign results to" is selected, all the data from the original input is included in the output, and output from the sub-module is assigned to a new or existing data element.

Pipes - Operator Modules

「assign results to(結果の割り当て)」を選択した場合、ソースである入力の全データが出力に含まれ、サブモジュールからの出力は新規または既存のデータ要素に割り当てられる。

The Loop module is a general-purpose replacement for the now-deprecated For Each: Annotate and For Each: Replace modules.

Pipes - Operator Modules

Loopモジュールは現在非推奨のFor Each: AnnotateモジュールやFor Each: Replaceモジュールの一般的利用の際の代替である。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - ツール, 覚書 ,