Item Builder Module(アイテム作成モジュール) - 適宜覚書-Fragments

Item Builder Module(アイテム作成モジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080405160110p:image

With the Item Builder module, you can create a single-item data source by assigning values to one or more item attributes. The module lets you assign a value (on the right side of the equal sign) to an attribute (on the left side of the equal sign).

Pipes - Source Modules

Item Builder(アイテム作成)モジュールを使うことで、1つ以上のアイテムの属性に対して値を割り当てることでデータソースとして使えるアイテムを作成することが出来る。このモジュールを利用するには値(イコールの右側)を属性(イコールの左側)に割り当てる必要がある。

Item Builder's strength is its ability to restructure and rename multiple elements in a feed. When Item Builder is used as a sub-module to the Loop module, the values (right side of equals sign) can be existing attributes of the input feed. These attributes can re reassigned or used to create entirely new attributes.

Pipes - Source Modules

Item Builder(アイテム作成)モジュールの長所はフィード中の複数の要素の名前を変更したり、構成を変更したり出来ることにある。Item Builder(アイテム作成)モジュールをLoopモジュールのサブモジュールとして使うと、値(イコールの右側)は入力されたフィードの既存の属性になることが出来る。これらの属性は値を再割り当てさせることも出来るし、全く新しい属性を作ることも出来る。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書