Fetch Data Module(データ抜き取りモジュール) - 適宜覚書-Fragments

Fetch Data Module(データ抜き取りモジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080405142548p:image

There's more data on the web than just RSS and Atom feeds. This module can access and extract data from XML and JSON (Javascript Object Notation) data sources on the web. This data can then be converted into an RSS feed or merged with other data in your Pipe.

Pipes - Source Modules

WebにはRSSやATOM以外に沢山のデータがある。このモジュールは、Web上のXMLファイルやJSON(Javascriptオブジェクト記法)ファイルといったデータソースにアクセスしてデータを抜き出すことが出来る。そして、取得したデータをパイプを介してRSSフィードに変換させたり、他のデータと合体させたりすることが出来る。

To use Fetch Data, first enter the URL of a data file you want. The module will read the file and attempt to parse it. Click on your Fetch Data module (its title bar will turn orange), then click "Refresh" in the Pipes Debugger. If the data file was found and Fetch Data could make sense of it, you'll see a "0" in the Debugger pane. This denotes the root of the XML (or JSON) data hierarchy. You can click on "0" to expand and view the details of this hierarchy.

Pipes - Source Modules

Fetch Data(データ抜き取り)モジュールを使うにはまずデータファイルのURLを指定する。モジュールはファイルを読み取り、取り込みを試みる。Fetch Data(データ抜き取り)モジュールをクリック(タイトルバーがオレンジ色に変わる)したらPipesのデバッガの「Refresh(更新)」をクリックする。もしデータファイルが見つかって正常に取り込まれたなら、デバッガ領域には「0」と表示される。この「0」は、XMLファイルまたはJSONファイルのデータ階層構造の起点(ルート)を示す。「0」をクリックすると、データ階層構造の詳細が展開して表示される。

You may want to extract just a portion of the data. That's what the "Path to item list" field is for. You can zero in on the section of data you want by listing the nested XML elements, separating each with a dot (".").

Pipes - Source Modules

ソースであるXMLファイルまたはJSONファイル全体ではなく、必要なデータだけを展開したい場合、「アイテムリストへのパス(Path to item list)」フィールドを使うと良い。ネストされたXML要素を列挙し、それぞれをドット(.)で区切り、望むデータセクション単位に的を絞ることが出来る。

If your XML file is structured like this:

Pipes - Source Modules

then you can extract just the place elements and their child elements by entering idinfo.keywords.place in the Path to item list field of the Fetch Data module. Separate each element level with a dot ("."). Don't include the top-level element (metadata in the example above).

Pipes - Source Modules

たとえば、こういった構造のXML(上記引用内)があり、「place」要素とその子孫要素だけを展開したい場合、「アイテムリストへのパス(Path to item list)」フィールドに「idinfo.keywords.place」とドット(.)で各要素レベルを区切って入力すれば良い。但し、この指定「idinfo.keywords.place」にはトップレベル要素(上記例ではmetadata要素)を含んではならない(つまり「metadata.idinfo.keywords.place」という指定は不可)。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,