Fetch CSV Module(CSV抜き取りモジュール) - 適宜覚書-Fragments

Fetch CSV Module(CSV抜き取りモジュール)

      2017/03/02

f:id:dacs:20080405141133p:image

CSV was originally an acronym for "Comma-Separated Value", a text-file format where each line in the file is a separate record, and individual fields of that record are separated by a comma.

Pipes - Source Modules

CSVは元々「カンマで分割された値」の頭文字を略した呼称でファイル中の1行がそれぞれ1レコードに相当し、1レコードが更にカンマで分割されて個々のフィールドとなるテキストファイルの形式である。

These days, the CSV definition has widened to encompass a wide variation of delimited text formats. The Fetch CSV module was designed to parse these formats.

Pipes - Source Modules

今日ではCSV形式は分割されたテキスト形式を多種多様に含むまで意味合いが広く扱われている。このFetch CSV(CSF抜き取り)モジュールはこれらの広義のCSV形式も処理出来るように作られている。

Many desktop applications, like spreadsheet programs, can output data in CSV or other delimited text formats. It's a common method for data interchange between different computer systems.

Pipes - Source Modules

多くのデスクトップアプリケーション(例えば表計算ソフトとか)ではデータをCSV形式、或いはカンマ以外の区切り文字のテキストファイルで出力することが出来る。

The Fetch CSV module has more options than the average Yahoo! Pipes module. To make sense of these, we'll first present a short CSV example file:

Pipes - Source Modules

Fetch CSV(CSV抜き取り)モジュールは他のYahoo! Pipesより多くのオプションを備えている。その理由を以下のCSVファイルを例にとって説明しよう。

Start configuring Fetch CSV by entering the URL of a CSV file. Next, choose the character that separates fields in each row. By default this is a comma, but a list box provides options for tabs, spaces, semi-colons, and the vertical bar ("|") character. If none of these match the delimiter, you can type in the separator character.

Pipes - Source Modules

まずCSVファイルのURLを入力する。次に各フィールドを分割する区切り文字を指定する。

f:id:dacs:20080405141544p:image

区切り文字は既定でカンマとなっているが、タブ、スペース(空白)、セミコロン、縦棒("|")などの文字をリストボックスから選ぶことが出来る。もしこれらの候補以外を区切り文字にしたい場合は任意に入力し指定することも可能である。

f:id:dacs:20080405141951p:image

Often CSV files have several lines of extraneous data before the field data begins. In our example above, the data we want doesn't really start until the third line. You can configure Fetch CSV to ignore a specified number of rows. In our example, we'd skip the first two rows.

Pipes - Source Modules

CSVファイルに本体のフィールドデータが始まる前に無関係なデータが数行含まれることが、しばしばある。上記の例では本当に必要なデータは3行目からである。Fetch CSV(CSV抜き取り)モジュールは指定した数の行を無視する指定が出来る。この例では最初の2行をスキップさせれば良い。

Usually, the first data row of a CSV file contains the column names. The third line in our example contains those column names, so we can tell Fetch CSV to "use rows 3 to 3 as column names". When the CSV data is parsed, each subsequent data line will be assigned to a feed element named "Title", "Type", or "Year".

Pipes - Source Modules

大抵CSVファイルの最初の行は各フィールドの見出しである。ご多分に洩れずこの例の3行目も見出しなので、Fetch CSV(CSV抜き取り)モジュールに「3行目から3行目までを見出しとして使え」と指示することが出来る。CSVファイルを取り込むとデータ行で分割された各データは「Title」「Type」「Year」といったフィード要素に割り当てられる。

f:id:dacs:20080405142227p:image

Sometimes no column names are defined in the CSV file, so Fetch CSV also lets you define those names if necessary. You can also use this option if the columns are defined but you want to rename them.

Pipes - Source Modules

たまに見出しがないCSVファイルもあるが、必要ならFetch CSV(CSV抜き取り)モジュールに直接見出しを入力して指定することも出来る。このオプションを使うとCSVファイルに元々ある見出しを任意に書き換えることも出来る。

和訳目次

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書