スターバックスのリフィル(おかわり) - 適宜覚書-Fragments

スターバックスのリフィル(おかわり)

      2017/03/02

こういうサービスがあるの知らなかった。100円で本日のコーヒーのおかわり(リフィル)が出来るんだね。今まで知らなくて損していたような気がする。まあ値段の比較をするとさほど損してたという訳でもないのだけど…。

  • ショート(S) 240cc 本日のコーヒーの場合280円
  • トール(T) 360cc 本日のコーヒーの場合330円
  • グランデ(G) 480cc 本日のコーヒーの場合380円
  • ベンティ(V) 590cc 本日のコーヒーの場合430円

となっている。各クラスの値差が50円。例えばショートにリフィルをしてもグランデと同量で同値段だ。

とはいえ、ここは考え方だ。自分みたいな猫舌はグランデを買っても最初は熱過ぎで口もつけられない。丁度いい感じになって飲むと中盤過ぎたあたりにはぬるくなるだろう。であるなら、ショートで飲み始めて一端美味しく飲んだ後に、もう一杯の方がお得な気がする。その時の調子や都合でそんなに分量が要らなくなることもあるから、おかわりするかどうかの選択肢を保てることもメリットと言えるだろう。

でも、実際にリフィルをしたことが無いので心配事、気になる点がある。幾つか制約事項がありそうなのだ。こればかりは店で実際にやってみないと分らない。

  1. リフィルの場合、最初に飲むコーヒーは本日のコーヒーのみ?例えば、最初は他のコーヒーを飲んで二杯目は本日のコーヒーをリフィルでという選択が出来るなら嬉しいけど…。
  2. リフィルで注がれる量はショートと同量240ccで固定?例えばトールのリフィルはトールとかだったら嬉しいけど、それが100円というのはムシが良すぎる気がする。
  3. リフィルは1回だけ?ガボガボになっても嫌なのでそんなに飲むことは滅多に無いけど、たまに2杯くらいおかわりしたい時もある。200円で飲めるなら嬉しいけどどうなんだろ?

スターバックスのホームページを見てもホットで店内に限るという制約がチョロっと書いてあるだけでよく分らない。知っている人は当たり前に知っている昔からあるサービスなんだろうけど、たまに立ち寄る身としては「えー?こんなのやってたんだ」と吃驚することしきりだ。昨今の消耗品値上げの攻勢を受け猫も杓子もも値上げである。煙草を分煙しておらず安いことが取り柄と内心思っていたドトールコーヒーも値上げに踏み切った。だからというのでもないが、こういう情報は嬉しい。

リフィルの情報を調べる経緯で知ったのだが、アメリカでスターバックスコーヒーはおかわり無料サービスを試行しているようだ。

シアトル(AP) コーヒーチェーン大手の米スターバックスは23日、創業地シアトルで小カップ(8オンス)を定価より50セント安い1杯1ドルで試験販売し、おかわりを無料とする方針を発表した。

試験販売の開始時期や、実施店舗数は不明。同様のサービスを他の商品にも拡大する可能性も明らかにされていない。スタバは試験販売を通じて、顧客にアピールする新たな方法を模索するという。

競合他社のコーヒーは、スタバよりやや大きめの10オンスカップで、マクドナルドが1.07ドル、ダンキン・ドーナツが1.39ドル。

CNN.co.jp:米スターバックス、「おかわり無料」を試験導入

日本で同じことをやれば同業他社は追随せざるをえなくなるだろう。アメリカで成功させて日本でも展開して欲しいなあ。

2/10追記:実際にやってみた

分ったことが3つある。第一に最初に注文するのは本日のコーヒーのみ。選択肢は無い。第二におかわりは一回しか出来ない。そして最も重要なことが第三で最初に飲んだときのレシートを証拠としてカウンタに持っていく必要がある。持っていくとおかわり済の刻印としてVOIDスタンプを押される。

最初に飲むコーヒーを選べないのは残念だ。素人考えかもしれないが、一杯目が何であろうが店側にとって損は無いのではないか?何も二杯目の種類やサイズを変えろという話じゃない。むしろ味の選択肢が増えることで客寄せになるんじゃないだろうか?

ともあれ、おかわりはなかなか良い。シロップやエスプレッソショット等はおかわりの時も有効だし、同じ本日のコーヒーでも違う味わいを楽しむことが出来た。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, 覚書