メモ - 適宜覚書-Fragments

メモ

      2017/03/02

  • 煩悩是道場 - 頑張ることと、生きていく権利と、お金を稼ぐことは全部異なる。無駄に熱い。気持は分かるんだけど、決め付けて叩く式(モグラ叩き)では議論は出来ない。例えば、「行政は国民に仕えようとせず、主権者たる国民を殺していることにおおよその人は諦観をもって接しているけど、それは何故?」「何故行政は国民に仕えないの?」といった問題なら議論しやすいんじゃないかな?何をもって能動というのかというのは、生きていく権利を当然の権利として浴すにはどういう原資があってどれだけ配分されるのが妥当かをバランスさせて提案することだと思う。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書