国民総背番号制について誰が何を言っているかメモ - 適宜覚書-Fragments

国民総背番号制について誰が何を言っているかメモ

      2017/03/02

興味が出たので見つけた順にクリップ。あとでてけとーに追記、整理するかもしれない。

池田信夫 blog 「社会保障番号」は必要か/池田信夫氏

今度も、住基データとは別に社会保障番号が導入される方向で、それとは別に納税者番号が検討されているが(*)、このように官庁の縦割りでバラバラに国民の個人情報を管理することは、セキュリティの点でもコストの点でも問題がある。厳重に(年間200億円もかけて!)管理・警備されている住基データを抜本的に改正し、各官庁の共有データとして社会保障にも納税にも利用するほうが効率的だ。

池田信夫 blog 「社会保障番号」は必要か

表題している問いかけに対する明確な回答を自分では書いていない。これまでの歴史を顧みるに各省庁任せで非効率で混沌に満ちた状況を概観している。文脈から想定するに「社会保障番号」は必要という考えを暗黙的に示しているように思われる。

日経デジタルコア: 「総背番号制」に反対するのは誰か?――年金騒動に思う/前川 徹氏(サイバー大学)

では、統一番号の導入は、国家による国民の監視・管理につながるのだろうか。これは「監視・管理」をどの視点から見るかによって異なるだろう。例えば、所得の把握や金融資産の把握のために統一番号を利用するケースを考えよう。賃金や報酬の支払い、不動産の売買や金融機関の口座開設に統一番号を利用すれば、個人の所得と資産をかなり正確に把握できる。確かに、自分の所得や資産が正確に把握されると聞いて、喜ぶ人はあまりいないだろう。しかし自分だけではなく、納税者全員の所得と金融資産が正確に把握されるのだと考えればどうだろう。納税は憲法30条に定められた国民の義務であるにもかかわらず、世の中には税金をごまかしている納税者がいる。所得や資産を正確に把握されて困るのは、そうした国民の義務をきちんと果たしていない人なのだ。

日経デジタルコア: 「総背番号制」に反対するのは誰か?――年金騒動に思う

確かに納税義務を果たしていない人は困るだろう。では、納税義務を果たしておらず、且つ国民総背番号に脅威を感じる人というのが「「総背番号制」に反対するのは誰か?」の回答なのだろうか?どうも具体的な像が見えない。

個人情報漏えいの危険性は、基本的に統一番号の導入とあまり関係がない。統一番号を利用しても、情報を統合して一つのファイルにする必要はなく、これまでと同じようにそれぞれの業務に合わせて分散管理をすればよい。情報漏えいの危険性は、それぞれの情報管理のあり方に大きく左右され、統一番号にしたから危険性が大きく増大するものではない。

日経デジタルコア: 「総背番号制」に反対するのは誰か?――年金騒動に思う

言っていることは正しい。ただ、その前提は「すればよい」という仮定に基づくものだ。実績的に情報管理のあり方に問題が多く報じられ、信用が減退している。不信の根拠はある。

第52回:国民総背番号制度を冷静に考える:ITpro/谷島 宣之氏=「経営とIT」サイト編集長

しかし、どんな制度や仕組みであろうとも完璧なものなど存在しない。まずは利点と欠点をそれぞれ列挙し、トレードオフを考えるべきであろう。背番号制度の利点ばかりを強調する人も、欠点だけを指摘して反対する人も、トレードオフの概念が欠落しているところは一緒である。

第52回:国民総背番号制度を冷静に考える:ITpro

ごもっともだ。完璧なものはない。でも、トレードオフの概念が欠落しているという断言は良くない。発言を行っている人が全て極論で片方の話をしている訳ではなく、トレードオフの結果としてどちらかの意見に傾倒していることも多い。

もっとも、以前本欄で書いたように、「個人情報を絶対に漏らさない仕組み」は絶対に実現できない。トレードオフの考え方が重要である。

第52回:国民総背番号制度を冷静に考える:ITpro

トレードオフを目くらましのマジックワードにするのはいただけない。絶対に実現できないから、諦められるものと諦められるものを峻別する必要が出てくる。しかし、谷島氏の発言は「だから、諦めろ」と読める。それでは説得出来ない。

奥田会長は著書の中で「納税者番号制度を導入して所得捕捉を徹底すれば、所得税の前払いとしての法人税は二重課税となるとの議論もある」と述べている。ここから法人税を引き下げるという主張が出てくる。

第52回:国民総背番号制度を冷静に考える:ITpro

二重課税を止めるなら所得税の前払いとしての法人税だけで取ればどうなのだろう?或いは、所得税の前払いとしての法人税を無くし、その浮いたお金は当然所得に反映されるべきだろう。そもそも会社の財布の話ではなく他人の財布の話をしている筈だ。どの段階でそれだけ取るかという話に何故奥田氏が強くツッコミを入れるのかよく分からない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書