メモ - 適宜覚書-Fragments

メモ

      2017/03/02

  • 世界・ジャーナリスト被害の多発国発表される(WORLD PRESS FREEDOM DAY: Murder Capitals for Journalists Named)故殺ではなく謀殺が多いそうだ。契約殺人って何だろうと思って調べた。殺し屋のこと、ゴルゴ13だ。専門用語はへんてこだな。
  • 少年法改訂案の中心は適用年齢の設定に収束した。なんでなんだろう?年齢の問題ではなく、何をしたかが問題なのではないか?本来少年法が対象としたのは微罪による必要以上の刑罰適用を回避するものだ。逆に言えば取り返しの付かない問題に対しては考慮されていない。どうしても線引きしたいのであれば、線引きされて問題を抱えきれない年齢の子供が犯した重大問題の解決は全て保護者に負わせる連座制をしけば良い。責任がどこにも問われないのでは災害と同じになる。人災を自然災害にするのは不条理だ。
  • 憲政記念館について衆議院憲政記念館。こういう施設あるんだ。全然知らなかった。今時期は結構混んでいるかもしれないけど普段は閑古鳥鳴いているだろう。騒ぎが収まってから見に行こう。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書