適宜覚書-Fragments

      2017/03/02

  • 東京新聞:GM純利益、9割減の74億円 1-3月、北米市場低迷で:経済(TOKYO Web)悲惨だ。数字でイメージが湧かない人はいっそのことデトロイトに行って町の雰囲気を体感してみれば良いと思う。町ごとドンヨリしていて、リストラの影響が自動車会社だけに留まらないそうだ。
  • 高校野球の学生憲章は75年間不問に付された。憲法は60年間何度も改訂議論がされつつも原型を留めた。共通するのは、何故かここ数日で降ってわいたように問題視され議論の俎上にあがっている点である。国民投票については憲法制定時に明記されなかったものを具体化しようというものだ。なるほど60年は人間で言えば還暦でキリは良い。しかし、急ごしらえをすべき理由としては妥当ではない。はっきり言えば、ドサクサ紛れだ。紛れた何かに本命がありそう。武器輸出三原則について緩和する考え(久間氏の発言は一層の緩和に向けて議論を加速すべきだという考えを示したもの)らしい。気色悪い。
  • 記憶は先入先出しで、新しいインプットがあると古い記憶の蓄積が追い出されるように消える。実際は完全に消える訳ではなくとっかかりを残してより深い記憶へと移行するのだが、とっかかりからの紐付けの強度が弱いと本当に失われたようになる。紐付けを強化するには繰り返すことで行うか、いっそのこと記録として外部化するしかない。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書