Wireshark-the continuation of Ethereal - 適宜覚書-Fragments

Wireshark-the continuation of Ethereal

      2017/03/02

パケットキャプチャツールとして有名なEtherealの後継としてWiresharkが提供される見込みらしい。ブラインドスポットの「あのEtherealの開発が終わる?それに代わるWiresharkとは?ソーシャルネットワークの情報を収集する米国政府。」という記事に詳しく書かれている。

今日の最も大きなニュースは、パケットキャプチャ/分析ツールとして有名なEtherealの開発者Gerald Combsが、Network Integration Services(NIS)を辞め、CACE Technologiesに移ったという話しだろう。NISがEtherealの商標を持っているため、Gerald CombsはEtherealの開発を止め、Wiresharkという新しいサービスを始めるという。

ブラインドスポット

記事内容とは関係ないけど

この記事を書いた方は翻訳家だそうだ。

英語のニュースやスピーチをザックリでも即理解出来るっていうのは凄いアドバンテージだなあと思う。自分は英語で面白そうな記事を見つけても長そうだったらブックマークして取っておき、読みやすいものを先に読む。でも「後で読む」はやっぱり読まない。誰かが先にそれを訳したニュースにして面白かったりすると、英語できたらなあ……という羨望が強くなる。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書