「ITから見た違法駐車取締の民間委託の姿とは:ITpro」と言う記事の示す官のコスト意識 - 適宜覚書-Fragments

「ITから見た違法駐車取締の民間委託の姿とは:ITpro」と言う記事の示す官のコスト意識

      2017/03/02

デジカメを内蔵した端末を使って取り締まり処理を実施しているケースもあるため一概には言えないが,取り締まりに必要な機器として,装備の一部であれ民生品を使っているケースがあることを知り,記者はうれしさを感じた。どう見ても家電量販店で売っている安価なデジカメを使っている姿に,「コスト削減」という我々ビジネス・パーソンの常識に通じる精神が見え隠れする。大げさな言い方になるが,「同じ苦労を分かち合っている」という連帯感を感じたのである。

ITから見た違法駐車取締の民間委託の姿とは:ITpro

これが,万が一にでも,どう見てもカネがかかっていそうな専用機器で武装していたとしたら,興ざめもいいところである。それこそ他人事として無視するのだろう。

ITから見た違法駐車取締の民間委託の姿とは:ITpro

これではまるで市販のデジカメをそのまま使っているみたいな書き方に見える。確かにアキバの駐禁取り締まりは?あの“デジカメ”の正体は? 改正道交法初日に駐車監視員を追跡! / デジタルARENAの記事を見るとリコーの「Caplio Pro G3」をベースにしているものもあるようだ。

よくよく調べてみると監視員が持っているこのデジカメ、通信機能を備えており、撮影した画像データを確認標章を印刷する端末に送信できる仕組みらしい。Caplio Pro G3も通信用カードスロットを搭載しているのがウリで、無線LANカードやPHSデータ通信カードに対応する。しかもコンパクトフラッシュタイプのGPS カードまで装着可能だ。つまり、撮影した場所の緯度・経度まで記録できるということ。

アキバの駐禁取り締まりは?あの“デジカメ”の正体は? 改正道交法初日に駐車監視員を追跡! / デジタルARENA

ただ、一方でこういう話もある。

撮影した写真は専用端末上では削除できません。専用端末で撮影した写真や入力した情報は暗号化されています。民間業者が専用端末を警察署に持ち帰り、警察署内のパソコンとUSBケーブルで接続して初めて、端末内のデータが読み出せる仕組みです」(警察庁交通指導課)

*

確かにベースは民生品だけどその性質上改竄防止機構を追加するということはしているのではないだろうか?少なくともお店で買ってきたものをそのまま使っている訳はない。

通常官用品というのは金型から作る完全なカスタム製品でコスト意識皆無というのが前提にあるように感じる。自分にはそこらへんよく分からないんだけどそういうものなの?

asahi.com:駐車監視の民間委託 都内は渋滞4割減少 - 社会

眉唾だと思うがそんなに効果あるのかな。自分は運転しないので普段あまり渋滞とか気にしないんだけどね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書