愛媛県:勤務中にブログ書き込み、職員を懲戒処分-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ - 適宜覚書-Fragments

愛媛県:勤務中にブログ書き込み、職員を懲戒処分-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

      2017/03/02

自分の場合、会社で社内PC使用の内規にWebへの書き込み禁止令が追加されて以来そういう真似をしていない。加えて閲覧制限もあって閲覧履歴も残るのでhackっぽい記事や2ch系(まとめも含む)を会社で見ることは無くなった。

でも、こういうのはその会社でどういう決まりごとがあるか…っていうのと本人がどこまでならOKと考えているかによって線引きが違ってくると思う。(強制力を発揮するのは圧倒的に前者だけど、前者と後者の兼ね合いが取れてないと自分の中で大変だ。)善悪とか倫理的な尺度をあてはめようとすると無理がある。でまあ、そういう視点でいくなら、単にこの職員が考え方が甘いだけだよね。一応お約束したけど懲戒処分が行使される訳が無いと勝手に一方的に約束破っていただけだし…。どうあっても嫌だったら、職場でブログ更新することの正当性やらを主張しておけば良かったんでないかな?

…とか言うと建前過ぎ?

内部不正の目撃者(前編)/SAFETY JAPAN [特集]/日経BP社

でも、きっついとこだとこの記事にあるような強力な抑止管理を行っている。

社員が利用するクライアントPCの操作記録に重点を置いたのは、住宅販売を手掛けるセンチュリー21・ジャパンだ。昨年8月に、東京、大阪、名古屋、札幌の4拠点にある約150台のクライアントPCにケイディティエスの操作記録ツール「イリーガルビュー」を導入。操作履歴とともに5秒に1回の割合で画面のスクリーン・ショットをキャプチャしている。毎日、東京にあるサーバーに集約しており、そのデータ量は半年間で約200Mバイトになった。抜き打ちで社員の操作内容をチェックすることを公表し、抑止効果を上げている。

内部不正の目撃者(前編)/SAFETY JAPAN [特集

ここまでくると流石にやり過ぎの気もするけど…。やっぱセキュリティには愛がないといけないよなあ。(「愛あるセキュリティ」はつくづく名言だと思う)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書