DHTMLでレミングス - 適宜覚書-Fragments

DHTMLでレミングス

   

Elizium Lemmingsは、DHTMLで作られたレミングスだ。レミングスとは指示が無ければただただ歩きつづける生物レミングに指示を与えスタート地点からゴールまで辿り着かせるアクションパズルゲームだ。初代がリリースされたのは1991年で実に15年前のレトロゲーム。PC版で一斉を風靡した後ファミコン、スーパーファミコン等多くの種類の家庭用ゲーム機にも移植された。

懐かしい。あの頃シグノシス社のゲームは海外ゲームメーカでも独特のセンスを発揮していた。でも、今の今までレミングスはシグノシス社内製だと思っていたけど開発はDMA Designだったのね。

尚、レミングが集団自殺するというのは、渉雲堂別館: レミングの集団自殺はウソにあるように都市伝説の一種らしい。

所感だが、ゲームより実物のレミング(タビネズミ)の方が可愛い。(Lemming Suicide Myth Disney Film Faked Bogus Behaviorの写真参照)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書