Linuxで利用出来る無料アンチウィルスソフト - 適宜覚書-Fragments

Linuxで利用出来る無料アンチウィルスソフト

      2017/03/08

「3割の企業は,Linuxサーバーにウイルス対策を施していない」,トレンドマイクロ:ITproという記事を読んだ。記事のソースの「約3分の1の企業が、Linuxサーバにウイルス対策は未導入」 企業におけるサーバ利用の実態調査を発表にも目を通した。

色々つっこみどころはある。すぐ思いつくものを挙げると

  • 有効回答者数は206名で傾向分析するには少ないんでない?
  • Windowsサーバ使っていてアンチウィルスソフト入れていない無謀者が11.6%もいる。すげー。
  • 状況によってはアンチウィルスソフトを導入出来ないやんごとなき事情がある場合もあるよなあ。まあ、単に予算が無いとか悲しい状況もあるし一概にどうって断じることは出来ないね(断じてないけどさ)
  • トレンドマイクロの自社ソフト売らんかなな調査であてになるんかいな?

とか簡単に出てくる。とは言え、反証したり、チマチマとケチつけるのは面倒だし纏まり悪いのでやめておく。

話は変わるが、Linux用のアンチウィルスソフトってどういうのがあるんだろうか?俄然興味が出てきた。自分は殆ど全ての場面でWindowsで用を足していて、いじりたい時だけ仮想環境やLiveCDの類を使うだけなので全く予備知識が無い。とりあえず、linux antivirus free - Google 検索した。無料を検索キーに入れてしまうのがケチっぽいが、先の記事で紹介されていたサーバー1台あたり15万5400円とかクライアントのライセンス料金は,例えば5台あたり2万5900円(導入初年度)とかは個人のホビー用にはきつい。ある程度の精度があるなら有償でも良いけど、WindowsのデスクトップOS用で提供されている程度のがあると嬉しい。

Free anti-virus software; Freebyte's Guide toにあったLinux用アンチウィルスソフトを挙げると以下のようなものがあった。

ホームユースのコマーシャルエディションだけど、なんか数だけ見ると充実してるなあ。どの程度使えるのかよく分からないけど…どうなんだろう?これ以外のアンチウィルスソフトウェアも含め、普段から使ってみての感想やお勧めの紹介を貰えると嬉しい。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Windows, セキュリティ, 覚書 ,