IgScope-高速に動作するリモートデスクトップ代替として - 適宜覚書-Fragments

IgScope-高速に動作するリモートデスクトップ代替として

      2017/03/02

WindowsXP以降だとリモートデスクトップ、Windows2000だとターミナルサービスという名前の標準のリモートコンソールがある。要するにサーバやPCを別のPC等からあたかもターゲットのモニタの前にいるかのように操作することが出来る。

いちいちサーバ室に行く程でもないとか、そもそもデータセンタが遠くにあるし契約上気軽に入れないとか、エンドユーザのPCをいじる必要があるなんて時には無くてはならないソフトウェアだ。

IgScopeは、その代替を可能とするソフトウェアだ。既定で存在するものを代替するには優位点が必要となる。参照サイトで指摘する優位点は大きく二つある。第一に画面描画速度が速い。DirectXを使っているためらしい。第二にサーバ側の解像度とは別個にクライアント側で表示する解像度を別途設定出来る点だ。自分はまだいじっておらず、この記事は「あとで触る」のための覚書として書いているので本当かどうか定かではない。しかし、第二の点は使い勝手として重要だ。管理者業務を行っていた時は固定席で作業よりもあちらこちらで呼ばれたり声をかけたりしながら転戦して業務をこなしていた。だから、手持ちのPCはノートPCで最大解像度はXGAだ。しかし、サーバがもっと大きい解像度だったりするとリモートデスクトップでは使い難かったように思う*1

紹介記事では短所としてクライアントサーバ間の認証が無いことを指摘している。遠隔操作アプリ「IgScope」Ver1.24|乾坤一擲 (8||:3ミ|)にあるように作者はそれを受け、既に認証機能を実装させた模様だ。非常に早い対応で素晴らしい。後は仕込む側の手間を軽減出来ると嬉しい。今無い物を管理したい台数分導入するのはなかなか大変だ。1台や2台なら良いが10台を越えると嫌になり、50台を越えるとやる前に諦める。Microsoft Systems Management ServerJP1でやる仕事だと言われりゃ至極ごもっともだが、そういう部分のあるなしは大きい。

*1:注:うろ覚えなので自信が無い

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, 覚書 , , ,