LocatePC-盗難PCのIPアドレスを自動送付することで追跡を支援する - 適宜覚書-Fragments

LocatePC-盗難PCのIPアドレスを自動送付することで追跡を支援する

      2017/03/02

  • LocatePC - Free Stolen Computer Recovery Software for Windows

ノートPCは携帯して使うのが常である。そういう目的で作られ、そういう目的で購入するのだから当たり前だ。そしてそれはPCの盗難可能性が高いことを意味する。物理的にぶん取ることが出来ればちまちまリモートでデータを盗むよりも効率的だ。何しろ一旦手元に置いてしまえば落ち着いて中身を取り出すことが出来る。そういう泥棒の安心の隙をついてIPアドレスを自動送付することで追跡を支援するのがLocatePCだ。

以下に紹介ページを挙げる。

自動通知されるメールにはIPアドレス以外にも経路情報(指定WebサイトまでのTraceroute)やNICのMACアドレスやPC固有情報が含まれる。メール設定には何かしらのメールプロバイダのメールアカウントを利用する。作者サイトでは以下が紹介されているが任意のもので問題無い。

  • AOL(但しISPがAOLでないと動作しないかも)
  • Bluebottle
  • Gawab
  • Google
  • Hotmail
  • inMail24
  • Yahoo

但し、泥棒がインターネットに繋げた時に動作する必要があるので会社のメールアカウントで設定しても用をなさない。また常用するメールアカウントではセキュリティ的にも好ましくないのでこの用途でアカウントを取得して使いまわすのが良さそうだ。

送信の頻度を指定することも出来る。あまり頻繁にしすぎると正常な利用をしている際にもメールが沢山送られてくる。機械的にそれが正常な利用か、盗難されているのかを判別して挙動を変えるということは出来ないので、運用をどうするかを考える必要がある。例えば、窓の杜で書かれているように受信側は受信側で振り分けするなり、これの受信専用のアカウントを用意しておくなりをする。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Windows, 覚書 , , , ,