Planarity-線を重ねないようにするゲーム - 適宜覚書-Fragments

Planarity-線を重ねないようにするゲーム

   

Planarityは、複数の点(ノード)の間を繋げる線を重ならないように点の位置を動かすゲームだ。言葉で説明するとわかり難いが、遊び方のページのフラッシュを見るとすぐに理解出来る。

Click on the little blue dots, which we call vertices, and then drag them to a new position. Try to arrange the vertices so none of the lines intersect. These lines are also called edges. When none of the lines intersect, then click on the "Check Solution" button. If your solution is correct, you will go to the next level.

青い点(verticesと呼ぶ)をクリックし、新しい位置にドラッグする。全ての線(Edgesと呼ぶ)が互いに交差しないように配置しましょう。全ての線が交差しないように配置し終わったら「Check Solution」ボタンをクリックする。正解だったら次のレベルに進むことが出来ます。

何と言うかこういうので関係性のマップを表示するものを今まで幾つか見てきたけどゲームとして使うのも面白いね。

レベルが1や2と低いうちはいいが、段々こんがらがった糸くずとかコードとかをほぐしている気分になる。気が短かったり、時間が無い状態の時には向かない。キーってなっちゃう。ひたすら暇でボーッとしたい時用に良さそう。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書