「アクセスか拒否されました」「共有違反」への対処ツール - 適宜覚書-Fragments

「アクセスか拒否されました」「共有違反」への対処ツール

      2017/03/02

How To Override Access Denied and Sharing Violation RoadblocksでUnlockerというソフトウェアが紹介されている。「アクセスか拒否されました」「共有違反しています」「このファイルは別のユーザまたはプログラムに使用されています」「ディスクが一杯になっていたり書き込み禁止になっていないかこの確認してください」等々スタンドアロンで使っていても表示される。こういう場合、該当のプログラムのプロセスを止められればどうということは無いが、層でない場合はログオフまたは再起動をする羽目になる。

UNLOCKER 1.8.1 BY CEDRICK 'NITCH' COLLOMBからダウンロードしてインストールを行ってみた。最初に表示言語を選べるので「日本語」を選んだ。インストーラでは日本語が化けていたので結構不安になったが、アプリケーションでは正常に表示する。途中のオプションで「送る」に入れるというのがあるが、通常のコンテキストメニューにUNLOCKERが入るので特にチェックを入れる必要は無い。使い方はターゲットのファイルやフォルダを選択した状態で右クリックでUNLOCKERを選択、動作を以下から選択して「OK」をクリックするだけ。

  • 何もしない
  • 削除する
  • 名前を変更
  • ファイルの移動

作者はUNLOCKERに自信があるようで同じ機能を持つソフトウェアを列挙して機能比較をしている。

UNLOCKERを起動するとインターネットに接続する

起動した時に毎回ファイアウオールが警告を出すもので何事かと思ったが、このことはFAQに載っている。

Why do my firewall says that Unlocker is trying to connect to the internet? Since Unlocker 1.6.5, during installation you have an option to automatically check for updates. Reinstall Unlocker without this option if you want to turn it off. For those curious Unlocker is only sending "GET /unlocker/version.txt HTTP/1.0\r\nHost: ccollomb.free.fr\r\n" and nothing else.

要するに更新があった場合検知報告してくれるらしい。

コマンドラインでも使える

コマンドラインで使う用事がすぐには思いつかないけど使える。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 , , ,