Puzzle Seriese - 「SUDOKU 数独」チャンピオンシップ2006 - 適宜覚書-Fragments

Puzzle Seriese - 「SUDOKU 数独」チャンピオンシップ2006

      2017/03/02

数独、ナンバープレースと呼ばれるパズルゲームの大会が明日3/26秋葉原クロスフィールドで開催される。やるらしいとは聞いていたけど、「明日かよ?!」という感じでちょっとビックリしたので書いておく。

実は自分はこのパズルゲームの存在自体最近テレビニュースで見るまで全く知らなかった。実際、国内ではパッとしない数あるパズルゲームの一つだが、海外では各地で大会が行われるくらい盛り上がっているらしい。現在、世界の約60カ国で「数独」本が出版され、今年3月にはイタリアのルッカで世界大会も開かれる予定となっている。*元々日本製のパズルゲーム(ニコリ公式パズルガイド「数独」:webニコリ)で捲土重来という感じ*1なのかな?

気になってから実際にルールを覚えてやってみたのだが、面白い。ルールそのものは簡単で、1ケタの数字でマス目を埋めていく単純明快なパズルで、「縦・横の各列及び、太線で囲まれた3×3のブロックに同じ数字が入ってはいけない」という*ものだ。こればかりに時間を費やすのは頭の体操という以外は無駄だが、どうも一旦やると後引きだ。何か良く分からないけど面白いのだな。マスが埋まっていくのが妙に嬉しい。何でだろ?

世界大会の結果

ああ、既にこちらは終わっていたのね。

 世界中で親しまれている数字のパズルゲーム「数独」の第1回世界選手権がイタリアのルッカで11日開かれ、パズル作家の西尾徹也さん(51)=東京都=が4位に、塾講師の青木真一さん(28)=愛知県刈谷市=が6位にそれぞれ入賞した。大会には22カ国から85人が参加、チェコの女性、ヤナ・ティローバさん(31)が優勝した。

伊パズル大会:東京の男性ら入賞 「数独」世界選手権-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ

お試し用

あちこちに問題集やJavaアプレットがあったりするけど以下のは結構出来がよい。お試しにどうぞ。

  • ナンバープレイス(ナンプレ・数独・SUDOKU)

このサイトのフラッシュミニゲームは他のも結構単純だけど楽しい。

*1:正確にはアメリカにあったナンバープレースをニコリが数独として出したのだから語弊がある

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書