君の名は… - 適宜覚書-Fragments

君の名は…

      2017/03/02

今日は幼稚園のお遊戯会の日だった。朝から慌しく家族揃って参加してきた。身体を使って遊ぶという趣旨の会だったので、一緒に走ったり、トンネル遊びをしたり、おんぶで騎馬戦みたいな感じでじゃんけんしたり…。普段から運動をしていないので結構へばってしまった。他の家の親御さんは一回りとは言わないけど半回りくらい若いようで結構楽にこなしているみたいだった。

表題は自己紹介…というか会の流れでマイクを回して子供に名前を聞いて回る場面があったのだ。で、結構皆ちゃんと「なにがしです」みたいに答えていたのだけど、うちのお嬢ちゃんは趣旨を理解出来ていないので「3さいです」と答えていた。他の子と比べても仕方無いし、比べることが良くないことだと思っているのだけどちょっとガックリ。4月の入園までにはもう少し受け答えを出来るようにしたいと思った。言い訳をすれば早生まれで他の子より数ヶ月差があれば身体の大きさや所作も幼いし、兄弟のいる子の方が子供同士の中で鍛えられるし…と際限なく思いつくけど、それを言っても意味が無い*1

とは言え、なんだかんだ言って全般で親子ともども楽しんでこれたので、参加できて良かったと思う。これまで身体で遊ぶという視点が全く抜けていたので、家で一緒に行うことが出来る遊びを教えてくれたのは有難い。

*1:人見知りは親譲りだしなあ。ごめんな。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書