迷惑駐車…なのかな? - 適宜覚書-Fragments

迷惑駐車…なのかな?

      2017/03/02

我が家の南側の道路にどこかの車が駐車されることが多い。南側はリビングの正面でカーテンを開けると停車している車がデデーンと鎮座している感じになる。住んでいる立場からすると、くつろぐ部屋の前に異物があるようで甚だ気分が良くない。

しかし、これを迷惑駐車と呼んで良いのかどうかがよく分からない。もしかすると、窓の外の景観や道路の利用云々で文句を言うのは身勝手なのかもしれない。単純にムカツクー!と叫んで警察に通報してレッカー移動と出来れば気分爽快なのだけどそうはいかない。怒っていいのか、そういうものなのだと納得すべきなのかが分からずモヤモヤという状況だ。相談先も思い付かない。警察か市役所あたりなのかなあ…とこれもモヤモヤ。

何故悩むか状況を整理する。停車場所は公道である。うちは公道と私道の南西角地に位置している。私道側であるなら私有地の一部として分譲されているため、用途用法には口出し出来そうだが、公道は公共物だ。駐車停車禁止の対象場所と指定されていない場所で無いのであれば、長時間駐車(連続12時間以上・夜間8時間以上)にならない限りは問題ない。(自動車の保管場所の確保等に関する法律、通称車庫法の台11条)12時間たっぷり駐車することが法で認められるなら、それに文句を言うのは我侭になってしまう。

問題となるのは、駐車停車禁止の対象場所となるかどうかだ。これは道路交通法第45条に定められている。うちの場合、これにあたるとすると、「道路の曲がり角から5m以内の場所」と「駐車場、車庫などの自動車専用の出入り口から3m以内の場所」の2つくらいになる。ただ、道路の曲がり角と言っても私道と公道の角からの距離が5m以内だということだし、うちの駐車場が丁度その角あたりが出入り口になっているんだけどうちは自動車を所有していない。微妙だ。下手に騒ぎ立てると奈良の布団たたきおばさん並に痛くなりそうだ*1ともあれ、モヤモヤをどうにか解消したいなあ。

結局

駐車している車のナンバーを控えておいた。証拠は必要だ。その後ドライバーが帰ってくるのを待った。どういう人か分からないので結構ドキドキしたが、年配の女性だった。傍に近所の人らしい女性がいてどうも親子のようだ。話し掛けてみたところ、悪意が無いらしくしおらしく謝っていた。開き直るようなリアクションを想定していたが、鼻から対抗的に考えて通報していたらまずいことになっていたかもしれない。とはいえ、何だかんだで一時間は止まっていたけど…。

*1:大袈裟か

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

No tags for this post.

 - 覚書