スラッシュドット ジャパン | 人には言えない検索履歴とその言い訳は? - 適宜覚書-Fragments

スラッシュドット ジャパン | 人には言えない検索履歴とその言い訳は?

      2017/03/02

最近似たネタを見たなと既視感を感じたと思ったら、@ITで連載中の漫画「がんばれ!アドミンくん 第12話*1だった。これ確かに監視される立場に立つなら、「ぞぞッ」となる。

ただ、管理者の立場で考えるならこういった監査は考慮に入れる必要があると思う。通常アクセスフィルタまたはプロキシログで抽出が可能だろうから、わざわざクライアントを目視することは無いんじゃないかなあとも思うけど、どうなんだろう?

それはそれとして検索履歴は補完機能以外の使い方があるように思う。どういう検索キーで情報を検索したかで、他人が検索者の性向を分析出来るのと同様に、自分がどういう傾向の検索をしているか、興味の変遷、類似度、重複を分析する材料になりそうだ。Bookmarkに対して後付けでタグを付けるよりも直接的に要求に近い連想が検索キーには反映するような気がする。

ザッと探した限りでは検索履歴の管理ソフトは、過去の検索キーの表示と選択的削除の機能しか持たないものしか見つからなかった。検索日時、類似検索の明示、検索履歴のエクスポートが出来ると面白そうだ。

firefoxだと拡張の一つにForm History Managerというのがある。どうやっているのかとあれこれ検索してみたところ、プロファイルにあるformhistory.datを使っているらしいことは分かったが、そこから先は全く分からない。IEやOperaはまだ調べていない。

*1:最近ちょっとお気に入りの管理者のツボをくすぐる4コマ漫画。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書 ,