IT業界が未熟なまま老いていくという不安を感じませんか:IT Pro - 適宜覚書-Fragments

IT業界が未熟なまま老いていくという不安を感じませんか:IT Pro

      2017/03/02

なんだか記者の目はセンシティブというか極論が多い。楽観や期待し過ぎの話も悲観や絶望的な話もとにかく極端になりがちなのではないか?でもって、この手の業界にいる人は、患い気味の人も多いのでこういう話の振り方は毒にこそなれ薬にはならないように思ったりする。

単にユーザ企業にいて情報処理部門のアウトソース化に立ち会っている立場からすると、「そうかもねえ」とも感じることもあるけど、勉強会とかコミュニティの熱の帯び方を見ていると今ひとつ実感が沸かない。

後ね

この記事の指すIT業界ってSIerとそのユーザ企業のことだよな。Webで大盛り上がりしているような世界、GoogleやAmazonとか、或いはweb2.0を標榜するようなサービスを提供・提案するような業界はその枠には含まれないっぽいね。

「一般のボキャブラリーと専門分野のボキャブラリーは、みんなが思っているほど同じではない」と長沖編集長は言う。ネットに詳しい人はWeb用語だけで、そうでない人は紙の用語だけで満足しているかもしれない。しかし両者の間には異なる雰囲気があり、特徴がある。

「テラワロス」も現代用語――はてなキーワードと流行語の接点 : ITmediaニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ちょうど話題に挙がった現代用語の基礎知識での採用語での用語の住み分けの話にちょっと似ている。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, 覚書 , ,